カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 母子手帳と補助券について
お金・各種制度

[22w]母子手帳と補助券について [妊娠・出産の体験談]

2253人に読まれました
2016-06-16 11:27
妊娠初期はまだ見た目では妊婦とは分からず、胎動も感じないので不安が大きい時期です。
そんな中で妊娠している唯一の証明のように思えるのが母子手帳ではないでしょうか。
しかし、母子手帳は妊娠が分かったからと言ってすぐもらえるものではありません。

大体の流れとして、
◯4〜5週目 妊娠発覚・胎嚢確認
◯6〜7週目 心拍確認
◯8〜9週目 予定日確定・母子手帳交付

病院によって違うとは思いますが、私の場合はこんな感じでした。
先生が予定日を確定すると妊娠届を書いてくれるので、それを持って保健センターに行き保健師さんの説明を聞きながら母子手帳と補助券をもらいます。その時に出産・育児に関連する資料をくれたり、市で開催されているマタニティスクールの話などが聞けるでしょう。

いつから補助券を使えるかですが、私の場合は病院の隣に保健センターがあったので診察が終わった後一旦病院を抜けて、母子手帳と補助券をもらってきて受付に提出しに行くという流れだったので、8週に母子手帳をもらったその日から使えました。
その後12〜24週は月に1回、26〜36週は2週間に1回、37〜39週は1週間ごとに検診が受けられ、その間の自己負担額は血液検査などを受けた時のみです。また予定日を過ぎると1週間ごとの検診が自己負担になるそうです。

県や市によってことなるようですが、私の住んでいるところでは14回補助券を使って受診することができます。また全国で年々補助券で公費負担してくれる検査が増えているようなのでとてもありがたいことだな〜と思います。

みんなへメッセージやアドバイス

母子手帳をもらえると妊娠した実感も湧いて、一安心できることと思います。
2

妊娠22w前後の体験談

上へもどる