カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 仮死産からの奇跡
出産

[42w]仮死産からの奇跡 [妊娠・出産の体験談]

2908人に読まれました
2015-11-15 01:05
私自身のお話。
私の予定日は9月下旬でした。実際に生まれたのは10月半ばになろうかという頃。
その間に何があったのか?!

肺に穴が開いていたのです!!
私自身も生まれて初めて知った時はビックリしました。そして、自分の生命力に驚きました。予定日を2週間以上過ぎての出産。肺に穴が開いているのが分かり、自然に陣痛が来たのか、誘発剤や促進剤を使ったのかは聞いたのですが、忘れてしまいましたがとにかく慌ただしい出産だったようです。
母は分娩室に入り、生まれるまで分娩室の外ではNICUのお医者さんと看護師さんが保育器と共に待機していたそうです。

私は産まれてすぐに待機していたNICUのお医者さん達に処置の為にNICUに運ばれていったようで、身内の誰もゆっくりと産まれたばかりの私を見てないのです。
分娩室の外には祖母が待っていてくれていたそうですが、唯一祖母が運ばれる私を見たと話してました。
生まれてすぐに運ばれてしまいましたが、幸いにも手術などはせずに薬で治す事が出来たようですが、何せ42週という十分過ぎる週数で産まれた私。身長、体重だけ見ればNICUに入るサイズでは無かったです。NICUに居る他の子に比べたら大きかった私。復活してくれば泣き声も体の大きさに見合った大きさで泣きます。両親から聞く話では、とても煩かったようです。。。NICUの看護師さんからも泣き声が大きいと言われたと言ってましたが、そりゃ大きさは問題無かったですからね・・・

そんな私の母子手帳には仮死産→蘇生と記してあります。
私の出産では母も私も大変な出産でした。
私自身の初めての出産は掛かった時間は長かったですが、五体満足どころか内臓も問題無く生まれてきてくれた事に本当に感動したと共に、私を産んでくれた母や助けてくれたお医者さん方、分娩室の外で待っていてくれた祖母、仕事で産まれた後の到着になってしまったけど駆け付けてくれた父に本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ちなみに父はとても大きなホールケーキを買ってきたそうですが、身内で食べる事が出来ずそのケーキをナースステーションに差し入れたそうです。父らしい!(笑)
2

妊娠42w前後の体験談

上へもどる