カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 生後1ヶ月 >
  4. 生まれてすぐに愛情ってわくもの・・・
生後1ヶ月

[0歳1ヶ月]生まれてすぐに愛情ってわくもの・・・ [育児の体験談]

5720人に読まれました
2015-11-15 19:15
息子が生まれて、ちょっとの間私の実家で過ごすことになりました。
退院してから子供を抱いて実家に帰り、不安だらけの育児が始まりました。
幸いよく寝る子だったので、今思えばそんなにつらくはなかったはずなのですが、その時は初めてのことばかりで何もかもがしんどかったように思います。
  • これまでの生活との違い

    もちろん実家にいるので、家事はほとんど母がしてくれます。多少のお手伝いはしますが基本的には子供のお世話です。
    子供は昼間はほとんど寝て、お腹がすいたら泣いて、おっぱいをあげてオムツを換えてまた寝る・・・という毎日。
    そんな簡単なことなのですが、私には自由時間がないことがほんとうに苦痛で、何かをしたくても自由にすることができないことが本当につらく感じました。
    ご飯を食べていても、途中で泣きだしたらお世話しなくてはいけない。出かけたくてもなかなか自由には行けない。

    そんな中でなかなか子供への愛情がわかず、悩んでいました。
    そのうえ時々夜中に泣いて、おっぱいをあげても抱っこしてもどうしても泣きやまない。
    もうどうしたらよいか分からず、子供と一緒に泣いていました。
    このときはもうつらい、しんどいという感情ばかりでした。
  • ほかのお母さんは・・・

    そんなときに同じ頃に子供を生んだお母さんと会うことになったのですが、その友達がものすごく愛情いっぱいで、子供大好き!!みたいな感じで・・・
    とても幸せそうにみえました。
    そして、私はなぜこんな愛情がわかないんだろうとさらに落ち込みました。
    もちろんかわいくないわけではないのですが、それよりも確実につらさが勝っていました。

    今思えば私は子供だったのかもしれません。
    子供のことより自分のことのほうが大事だったのです。
    でもそれは初めて母親になったのだから、仕方がないことだったのです。

    それから数カ月経ち、子供がいろいろな表情や動きをするようになってやっと少しずつ愛情がわいていきました。
    今ではかわいくてしかたありません。
    そんな遅咲きの愛情でしたが、そんなかたちもあるのだと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

愛情のかたちは人それぞれです。
ゆっくりでも子供と一緒に母として成長していけたら、それは素晴らしいことだと思います。
1

上へもどる