カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 知育 >
  4. 初めての習い事、何を?いつから?
知育

[2歳]初めての習い事、何を?いつから? [育児の体験談]

469人に読まれました
2015-11-09 15:56
まもなく3歳になる我が家の長女。
周りのお友達でも習い事を始める子がちらほら出てきました。

来年から幼稚園に通う予定のお友達も多いですが、うちは二年保育の予定。
同い年の子が幼稚園で歌ったり体操をしたりするのに娘には1年その機会を遅らせてしまうのは申し訳ない。せめてなにか習い事をさせて、今までとは違う体験をさせてあげたい!と考えました。

しかし問題は我が家の平日の移動手段が徒歩であること。
それにまだまだ手のかかる次女も一緒だし、これから市外に引っ越していく予定なので腰を据えて長く続けることはできない。
はたして今始められる習い事はあるのだろうか?と考えた末に足を運んだのが家から徒歩2~3分のところにある公文式の教室でした。

すぐ近くにあるし、公文式の教室はいろいろなところにあるので引っ越しによって教室は変わっても内容は引き継いで学習できる。
何より私自身も幼稚園の頃から10年近く公文式の教室に通って、とてもためになったので「これなら!」と思ってのことでした。

しかし条件がよくても娘がやりたいと思わなくては意味がありません。
週に1回、2週間ほど体験という形でお試しをさせてもらいました。

まだ2歳児なのでもちろん難しいことはできません。
正しい持ち方で鉛筆を持ち、直線や曲線を書く。
カードに書いてあるモノの名前を言ってみる。
プリントに書かれた絵を指差しながら数を数えてみる。
そんなことを教室で先生とやったり、おうちで宿題としてやったりしました。

幸い娘は公文式を気に入り、無事入会という運びになりました。
まだ始めてから1ヶ月しかたっていませんが、鉛筆を使って線を引くことの上達の速さには本当に驚くばかりです。
左利きの娘、それまでは鉛筆を左手でグーに握って書いていました。
私は左でもいいと思っていましたが、本人が右で書く!と言ったので公文式できちんとした鉛筆の持ち方を身に付けるときに右で教えてもらうことにしました。
最初は何度も持ち方を教えてあげなくては自分で持つことができず、線もふらふらしていましたが、今では自分でサッと正しく持ち、かなり上手に線を引くことができるようになりました。
今は写真のものよりももっと複雑でくねくねした線を引いたりしていますが、線を引いているときの集中力はこれまで見たことがないくらい。
語彙も増え、もっといろんな言葉を知りたいという意欲が増したように思います。


とはいえまだ2歳。
教室で飽きてしまい、おうちに帰ってからやる~!というような日もあります。
少しずつ、そして楽しみながら学びを通して成長してくれたら嬉しいです。

みんなへメッセージやアドバイス

初めての習い事は内容も時期も迷いますよね。
とにかく子どもが楽しめて、その子のためになるものが見つけられたらいいですね♪
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる