カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 油断していた手足口病
病気と症状

[2歳]油断していた手足口病 [育児の体験談]

943人に読まれました
2015-11-09 18:31
7月の中旬、子供が急に39.5の熱を出しましたが。また風邪かなと思いましたが、翌日熱が下がっていました。しかし食欲がなく不機嫌でした。それと手と足に少しですが発疹ができてました。病院に行ってみると手足口病と診断されました。喉にも発疹ができていたみたいです。なので痛くて食欲がなかったみたいです。プリンなど、刺激の少ないものを食べさせるといいよっと言われました。手足口病に直接働く薬はないようで、痛み止めなどの対処療法しかないみたいです。
その後、どんどん発疹は広がっていき、腕や膝にも出来てしまいました。手足口病の発疹は痛くも痒くもないと聞き、安心していましたが、うちの子の場合は足の裏が痛いと言って歩きたくないと、ずっと抱っこかおんぶで過ごしていました。ご飯は納豆ご飯など食べていました。その日の夜になり、私も熱が出てしまいました。子供の看病で疲れがたまってたのか、滅多に大人はうつらないといわれているのにうつってしまいました。
私も熱が下がってから発疹が出始め、2日目がかゆみのピークを迎えました。夜中も痒くて寝れなくて、痒み止めを、塗ったり保冷剤で冷やして一晩過ごしました。その頃になると娘の機嫌も治ったのでよかったです。発疹はまだありますが。1ヶ月後、娘の爪に横に筋が入り、剥け始めました。
私の場合は3ヶ月後に剥け始めました。
この差は新陳代謝の違いなんですかね。
剥け始めた時は爪に髪の毛がひっかかったり大変でした。
手足口病と油断していたけど、親子でなってしまうとかなりの地獄でした。

みんなへメッセージやアドバイス

たかが手足口病と思わずに、子供がなってしまったら、親は予防しましょう!
0

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる