カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 陣痛を起こすための方法!いろんなことを試してみました
妊娠後期(8ヵ月以降)

[37w]陣痛を起こすための方法!いろんなことを試してみました [妊娠・出産の体験談]

32208人に読まれました
2016-06-16 18:26
妊娠37週目、「赤ちゃんの状態もばっちり。もういつ産んでもいいですよ」と産院から言われると、
後半体重管理に苦しんでいたこともあり、
早く産みたくて仕方がありませんでした(^^;)

陣痛を起こすための方法を、
いくつか実行してみた体験をご紹介します。
  • ウォーキング、床拭き、階段の昇り降り

    産院からウォーキングをすすめられ、実際どのくらいの距離を歩いてよいのかたずねると、
    1日1万歩歩いてよいと言われました。
    妊婦が1万歩!?と思いましたが、休憩を入れながらだと歩いてよいそうなんです。

    1万歩は少しきついかな?と思った私は、
    その日の体調に応じて1日45分~1時間程度、雨の日以外毎日歩くようにしました。

    また、家に帰って休憩を挟み、2部屋分の畳を乾拭き。
    それから自宅の階段を10往復していました。

    さすがにお腹が張るのですが、
    「37週過ぎたらバリバリお腹を張らせててください」と先生から助言があったので、
    お腹をさすりさすり頑張って体を動かしました。

  • 陣痛を起こす!迷信的なものにも挑戦

    結局38週目に入っても陣痛は来ず・・・
    どうにかできないかなぁと思い、インターネットの情報にあった、
    「オロナミンCを飲む」を実行してみました。
    実際赤ちゃんに良くないのかな?と今になって思いますが、
    そのときは、これで陣痛が起こるかもとドキドキしながら飲みました。
    結果、変化はナシ。
    2回挑戦したけど陣痛は起きませんでした。

    次に試したのが「焼肉を食べる」です。
    体重は気になりましたが、次の検診までに陣痛が来れば問題ないのでは…(笑)
    という思いもあり、焼肉を食べました。
    その日に陣痛が!という妊婦さんが結構いたので、期待していたのですが、
    結果陣痛は来ず。

    効く人もいれば効かない人もいるんだぁと思いました。
  • 結局破水からの出産だった

    結局はもうタイミングは赤ちゃんに任せよう~とのんびりしていた39週、
    とっても激しい胎動のあった夜に高位破水し、翌日に出産となりました。

みんなへメッセージやアドバイス

赤ちゃんが十分に育っていることが前提ですが、
妊娠後半、妊婦さんの中には、早く産んでしまいたいと思う方も出てくるかと思います。

陣痛は起こそうと思って起きるものではないのでもどかしいですが、
結局生まれるタイミングは赤ちゃん自信が決めていると思うので、
「もう出てきて大丈夫だよー」と声かけしながら、その時に備えて頑張ってください☆

5

妊娠37w前後の体験談

上へもどる