カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 是非、読んでもらいたい!パート1☆大丈夫やで
妊娠中の生活

[10w]是非、読んでもらいたい!パート1☆大丈夫やで [妊娠・出産の体験談]

580人に読まれました
2015-11-10 00:05
私が妊娠中に出会った本。
坂本フジヱさんの大丈夫やで~ばあちゃん助産師のお産と育児のはなし~

悪阻が辛く弱音ばかりを吐いているときに友達が教えてくれました。
妊娠初期、中期、後期、そして出産、育児と幅広くお母さんとあかちゃんの事が書いてあります。それだけでなく旦那さんとのことなども。
この本を読んで何度も何度も元気づけられました。私の中では心に残る1番の本です。
実際に予定日が過ぎた頃もこの本を読んで焦る気持ちを落ち着かせていました。
予定日が過ぎ、マイペースやのんびり屋さんなんていうけどもそんなことではなく、赤ちゃん自身が1番力があるときを知っているからそれまで待っているということ。
どんなお産になろうと、それが赤ちゃんの生きていく過程の1つで、誰1人同じ人生なんてありませんよね。それと同じ。誰1人同じ出産なんかないんです。
悪阻の事に関しても本当に心に響く言葉ばかりでした。悪阻ってそういうことなんだ、と思えばすごく気が楽になったり。
この本には妊婦さんにもお母さんにも響く文章がたくさん載っています。出会ってなければ悪阻にしろ出産にしろ、まだマイナス思考に進んでいただろうし、子育てに対してもすごく神経質にしていたのではないかなと思います。
子育てにはある程度の手抜きも大事であることを学んだときは心底気持ちが楽になりました。細々したお手入れや離乳食について、初めての事ばかりでなんにでも神経質になっていっぱいいっぱいになっているときにまたこの本を読んで気持ちが楽になって、安定剤みたいな感じです。笑

この本は是非、今妊婦さんの方や、子育てをしている方にも読んでほしい本です!
3

妊娠10w前後の体験談

上へもどる