カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. ネット依存。ダメだと分かっていながらも。
妊娠中の生活

[30w]ネット依存。ダメだと分かっていながらも。 [妊娠・出産の体験談]

703人に読まれました
2015-11-11 00:23
私が妊娠中に経験した中で、1番引っかかっている件です。

今となっては生活の中でとても便利なインターネット。
良く言えば、SNSなどで色んな人とコミュニケーションをとれ、
たくさんの情報を共有しあえることで知識を身に着けることができます。
料理のレシピを見れたりいろんな術を知ることができたり。
ですが悪い部分も多々あり、顔の知らない人と繋がることで悲しい出来事が起きたり
インターネットへの集中で家族との会話がなくなったり。

そんな中で私が今回引っかかったことは、嘘か本当かも定かでない情報を取得することです。
私は妊娠中、インタネーットで、妊娠、出産、育児のことについて、少しでも謎が出ればすぐに調べていました。
これは誰にでも経験あることだと思います。
その人にはその人の性格や体の変化があり、お腹の赤ちゃんにも赤ちゃんの性格や変化があります。
インターネットには自分の事は書いていません。あくまでもみなさんの思考や経験です。
インターネットで調べることより、少しでも体調の変化があるとマイナスな思考が巡り調べれば調べるほど良い結果につくことができません。
体験談などを見るとおめでてたい報告や辛い経験が人それぞれたくさん書いてあります。
すごく参考になる情報になるのですが、人間というのはどうしてなのか、おめでたい報告よりも辛い、悲しい経験などの方が心に残り自分に重ねることがあります。
妊娠中は特にナイーブになっているので受け入れやすい状態です。

私も実際にそうでした。
確かに悪いことばかりではなく安心できホッとする内容もあります。

インターネットが便利な世の中なのですが、その世界に入り浸りにならないように心掛けてほしいです。

インターネットに自分と赤ちゃんの答えはのっていませんので。。
1

妊娠30w前後の体験談

上へもどる