カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 逆子の陣痛から出産まで
出産

[41w]逆子の陣痛から出産まで [妊娠・出産の体験談]

1677人に読まれました
2015-11-10 12:30
私の初めての出産は逆子での出産でした。
妊娠5ヶ月の時から逆子で逆子体操をしたり針治療をしてみても全く効果がありませんでした。
帝王切開を覚悟していたのですが、里帰り先の病院で話を聞いてみると、条件が合えばの普通分娩をしますと言われ、レントゲンを撮ったり、検査をした結果、普通分娩をすることになりました。

予定日を過ぎて41週目になり、月曜日までに陣痛が来なければ入院してもらいますと言われ、お腹にむかって『早く産まれてきてねー』と何回も話しかけました。金曜日におしるしが少しあり、土曜日の夕方にまたおしるしがあったので、もうすぐ陣痛がくるかなぁと思っていたところ、土曜日の夜中、お腹が少しズンズンと痛むなぁと感じました。そこから何も進展がありませんでしたが、逆子で少し心配だったので病院に行ってみると、破水していますと言われそのまま入院になりました。
へその緒が先に出てしまうと赤ちゃんに影響があるということから、ベッドに絶対安静となり、陣痛が来るまで約1日ベッドで過ごしました。その間、ベッドで足湯をしたり身体を温め陣痛が進むのを待ちました。
いざ出産になると、逆子の大変なところはとにかくいきんではダメ、そして待たないといけないということでした。
頭がすんなり降りてこれるようになるまで先生がずっと赤ちゃんのお尻を支えていて、その中でも初めての出産で身体の内側から広げられるような痛みでしたが、最後は先生に上からお腹を押してもらい、逆子にしてはとても安産の4時間での出産でした。

みんなへメッセージやアドバイス

出産はとにかくリラックスを心がけてみて下さい。
0

妊娠41w前後の体験談

上へもどる