カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 忘れもの番長。お母さんが。
ママの悩み

[3歳]忘れもの番長。お母さんが。 [育児の体験談]

342人に読まれました
2015-11-10 13:47
今の幼稚園で良かったなぁと思うのは、一番に「近いから」です。
自転車で約5分以内。
忘れ物してもすぐに届けられます。

実は自分がものすごい忘れ物番長で、気づけば小学生の頃から毎日なにか一つは忘れていました。
それは学生時代ずっと続き、社会人となって道具を職場に置けるようになって初めて忘れ物で困る事がなくなりました。

しかし時代は巡るもので、今度は自分の子供の毎日のお荷物用意です。
幼稚園は意外と荷物が多い。
しかも日々イベントがあるので、しっかりカレンダーに書き込んでおかないと、頭に叩き込んだ積もりでは朝のバタバタですっかり忘れてしまいます。

一番ひどかったのは5月、幼稚園の送り出しにも徐々に慣れてきた頃、月水金、一週間で3回も忘れ物した時です。
月曜日は体操服を玄関に置き忘れ、水曜日は歯磨きが始まる事を失念しコップを入れ忘れ、金曜日はイベントでごはんがいるのに持たせ忘れ。
もう3回目には園門の前にいる先生が「ハイ今日はどうした」的な感じで手を伸ばす始末。

これはいかん、と反省する一方、「あぁやっぱりこの幼稚園に入れて良かった」と、園の近さを嬉しく思いました。

そうは言っても、いつまでも忘れ物しておくわけには行きません。
このままではダメ母の烙印を押されてしまう。
それから、幼稚園のお荷物準備に力を注ぐようになりました。

まずは前日。子供の幼稚園のお迎えから自宅に帰ってきた後、子供のカバンから洗い物を出します。
もうその時、毎日必要なタオル類は入れ替えておきます。
そして夜。配布されているプリント等を見直して、明日特別なイベントはなかったか確認。
イベントによって持たせる物を用意します。
翌朝、登園前。バタバタしていますが、前日用意しているので後は確認のみ。
最後に制帽を被らせて完成です。

これでなんとか半年はとりあえず、ノー忘れ物でやってきています。
いつか子供が自分で用意してくれるといいなぁと甘い夢を抱いています。

みんなへメッセージやアドバイス

自分で用意できるようになると肩の荷がおりるんでしょうか…。でもきっと遺伝で忘れ物多い子になるんでしょうね。
2

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる