カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 妊活<もっと早く知っておきたかったこと>
妊活

妊活<もっと早く知っておきたかったこと> [妊娠・出産の体験談]

675人に読まれました
2015-11-14 20:43
妊活を始めたばかりの頃、たくさんのことを調べていく中で、もっと早く知っておきたかったなと思ったことです。
  • 卵子は老化する


    昔から漠然と「いつかは子供は欲しい」と思っていました。
    35歳以上が高齢出産と言われていること、35歳以上になると妊娠しづらくなること、などはなんとなく頭にありましたが、芸能人のニュースなどでは30代後半~40代前半の出産も多いし、そこまでリミットを考えたことはありませんでした。
    でも年齢はあくまで目安でしかなく、喫煙やストレス、偏った食生活などが卵子の老化を加速させると知り、いざ子供が欲しいと思った時に自分の卵子は大丈夫なのだろうか、ととても不安になりました。
  • 妊娠する確率


    若い健康な男女が、完璧なタイミングで子作りしても、妊娠する確率は20%前後だそうです。
    気になったのは「若い健康な男女が」というところ。
    どちらかに何か問題があれば、確率はもっと低くなるということです。
    お恥ずかしい話、排卵日に子作りすればすぐ妊娠すると思っていたので、確率の低さに驚きました。
  • 教育も大事


    思春期の頃から、避妊の重要さばかりを教えられてきて、妊娠するにはタイムリミットがあることなどは知る機会がありませんでした。
    いざ子供が欲しいと思い、妊活雑誌を読んだときに「20代のうちに卵子の凍結をしておくことをお勧めします」などと書かれていて、衝撃でした。
    これを読む20代の女性が何人いるんだ?と。

    妊娠にはリミットがあることを学校などでも教えたり、10~20代向けのファッション誌などでも取り上げてもらえたら・・・
    まだ興味のない人にも、妊娠について知る機会があればいいな、と思います。

みんなへメッセージやアドバイス

かつて喫煙者だったのもあり、子供が欲しいと思ってなかなか妊娠しないとき、卵子が老化しているんじゃないか?妊娠するには遅いんじゃないか?
ととても不安になって、落ち込んでばかりでした。
専門のクリニックで検査をして、とても気持ちが楽になったので、もっと早く行っていれば良かったなと思っています。
1

妊活の人気記事ランキング

妊活の人気体験談ランキング

ひろばランキング

上へもどる