カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 判定日前日。不安と葛藤。
妊活

判定日前日。不安と葛藤。 [妊娠・出産の体験談]

1307人に読まれました
2015-11-11 11:19
吉奈温泉の善名寺のお守りに話しかける。

陽性反応でありますように。
生理ちゃん来ないでください。

私は3回の採卵で計8個の採卵
(1回低刺激で4つ。三つ受精。
1つを8分割で新鮮胚移植。他二つ分割ストップ。そして陰性。)

(2回目低刺激で3つ。1つ受精。
2、3日目に成長ストップ)

(3回目自然周期で1つ採卵で1つ受精。
7分割で新鮮胚移植。)

只今、結果待ち中。

生きた心地がしません。

私よりも長く治療している方もたくさんいます。凄いことです。
精神状態を保つことがこんなにも大変だなんて。そこを乗り越えている皆さんは凄い!

もともと、嫌な気持ちになったり人としゃべることをすごく気を使っている性格のせいで、友人に誘いを入れることもないです。親や兄弟にも相談ってあまりしません。夫ちゃんにも私が決定したことを伝え「うん、いいと思うよ!」と言われて終わることが多いです。

自分のことを誰かに話して、気が休まるってあまり感じられません。


なので、自分で解決するしかない。
皆さんも最終的には自分で解決しているのですが、なんか私は「ぎゅー」っと狭い中で考えて終わりにしている気がします。

美容師でしたので、
毎日、酸素がなくなるくらい喋りまくってました。
アシストに任せた仕事、そこに不快感がなかったか?をかき消すために会話でカバーしようと。

黙っって髪を切り、少しの間で話しかけお客様が話に乗ってきたら話し続ける。

ベースが「気を使って喋る」
「喋るって気を使う」ってなってしまっています。


夫ちゃんに想いを伝えたところ
「ぶたさんが生まれてきたらどうしよー(笑)」「ぶーぶー」って。


やっぱり、不安な気持ちは分かってもらえない。




みんなへメッセージやアドバイス

最後の一押しは神頼みです。
1

上へもどる