カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 泣いた時は、、、
遊び・あやし

[0歳2ヶ月]泣いた時は、、、 [育児の体験談]

523人に読まれました
2015-06-26 15:22
我が家の泣きやませ方!

いいのかどうかわからないけど、記事で赤ちゃんが泣いたとき抱いているお母さんがイライラしたり不安で悲しくなったりすると、その気持ちが赤ちゃんにうつって余計に泣いてしまうと読んだことがある。

気持ちを静めてリラックスして受け止めてあげる気持ちになると落ち着き易いとか。。

我が家では、気持ちリラックス法も使いますが、逆に「楽しい気持ちになろう」法をよく使います。(笑)

それは、赤ちゃんが泣いたときに、楽しくなる歌、たとえば「ととろのさんぽ」や自分が考えた歌「○○くん、ヘイ!○○くん、ハイ!」みたいな感じでやたらテンションあげて気を紛らわすことがあります。

これは家の中だけでやっています。明らかに外では恥ずかしすぎて使えませんが、赤ちゃんもやたらと意味不明なハイテンションに泣くのをやめ、最後は笑い出します。
夫婦二人でやった日には、もしご近所さんに聞こえてたら「あこの家大丈夫かな?」って思われてるかもしれません。

おそらく泣いていた赤ちゃんも「えっ、何何?このハイテンション?」って感じでしょう。
たまに「お母さん達大丈夫??」って顔で見てきたりします。

発想の逆転で、泣いているから「大丈夫~?よしよし」というやり方もありますが、こちらから楽しい気分になるようにもっていってあげるやり方もいいんじゃないかなと思いました。

ちなみに、いつもいつもテンションあげてるわけでなく、たまには取り入れているということで参考にしていただければと思います。
1

上へもどる