カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 母性を育てる。2歳手前のクリスマスプレゼント。
遊び・あやし

[1歳11ヶ月]母性を育てる。2歳手前のクリスマスプレゼント。 [育児の体験談]

471人に読まれました
2015-11-12 10:10
1歳の冬。クリスマス当日の出来事です。
まだ子供はいまいちクリスマスを理解していないので、
「プレゼントは大したもんあげなくていいんじゃない?どうせ本人わかんないだろうし」
と非人道的な発案を夫にしていました。

なので当日も、ケーキは買ってくるもののプレゼントは後日何か一緒に買いに行くんだろうとノホホンと思っていると、
夫が帰宅。ケーキと共に赤い包装紙の箱。
「プレゼント買ってきちゃった~」
あー。やっぱりね。予想はしてたけど。

開けてみると、それは小さなお人形。名前は「ちいぽぽちゃん」。
「2歳の母性を育てる!!!」との触れ込みで、子供のお人形遊びの第一歩になれそうなアイテム。

喜び勇んで「さぁクリスマスプレゼントだよ。かわいいお人形。仲良くしてあげてね。」と渡す夫。
子供、無表情。
そして人形本体ではなく、人形用の歯磨きセットに夢中。
あれ?

そして毎日かかせないおままごと。
カエルや犬のぬいぐるみにレストラン屋さんはご飯を提供します。
あれ?ちいぽぽちゃんハブられてる。

そっと「私もまーぜーて」と勝手に声を当てながらちいぽぽちゃんを混ぜてみる。
「ギャー!だめよ!!」と突然の憤慨。ちいぽぽちゃんを遠くへ放り投げる。
嫌われている…!だめじゃん!母性ないじゃん!

渡すにはまだ早かったのかなぁ…ごめんねちいぽぽちゃん…と、部屋の片隅で転がってるちいぽぽちゃんのボサボサ髪を撫でながら、お母さんは大事に抱っこしてあげるのでした。
そうすると嫉妬した子供がつかみあげてまた投げるのですが。

みんなへメッセージやアドバイス

それでもたまーにちいぽぽちゃんに優しい時があります。見ていて気持ちが悪いくらいにベッタリお世話します。それが本来の遊びかたなんでしょうけれど。まぁおもちゃをどう遊ぼうと、子供の自由なので、あまり残虐な事以外はぬるい目で見守ってます。
1

1歳11ヶ月前後の体験談

上へもどる