カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 1歳6ヶ月~11ヶ月 >
  4. ついに来た?イヤイヤ期の始まり
1歳6ヶ月~11ヶ月

[1歳9ヶ月]ついに来た?イヤイヤ期の始まり [育児の体験談]

336人に読まれました
2015-11-12 13:51
現在1歳9ヶ月の息子。
上の娘はほとんどなかったイヤイヤ期を迎えつつあるようです。
いや、娘の時も多少はあったはずなんですが、私が悩んだり困ったりしたことは少なかったです。

最初にあれっ?と思ったのは、お風呂に入れようとした時です。
夕方から少し眠そうにしている息子。
急いでお風呂に入れようと思ってはいたのですが、4歳の娘がダラダラ晩ご飯を食べていて終わりません。
「◯◯くんが眠そうだから、早く食べてお風呂に行こうね」と声掛けするのですが、そんな日に限っておかわりを要求する娘。
しかし普段あまり食べない野菜サラダのおかわりだったので、私もつい嬉しくて、食べ終わるまで付き合いました。

ようやく娘が食べ終わり、息子に「お風呂に入ろうね〜」と言うと、イヤイヤと首を横に振ります。
眠たいから仕方ないかな、と思いつつ、「お姉ちゃんもママも入るから、一緒に行こう」と優しく言って抱っこで脱衣所へ連れて行きました。
しかし泣いて逃げ出します。2回このやり取りを繰り返しましたが、グズグズがひどくなる一方。
仕方なく追いかけて、無理やり服を脱がせようとすると、「ギャー!!!」と叫びながら抵抗する始末。

鼻水と涙でグチョグチョになりながら、「ママ!ママ!」と叫び続ける息子を前に、どうしたもんかと困りました。

最終的には無理やり脱がせてお風呂に入れましたが、ずーっと泣いていました。お風呂場では暴れたりはしなかったので、まだ良かったと思います。

  • 朝のお着替えがイヤ?これは困る・・・

    それからも、たまに強烈なイヤイヤが出ることがありました。
    でもたいていは眠いかお腹が空いているかなど、何か原因があったので、「軽いイヤイヤ期かな〜」程度であまり気にしていませんでしたが・・・。

    我が家の朝は、割とゆっくりしています。
    6時半くらいに全員起きて、私は主人のお弁当を作ります。
    主人は自分で適当に朝ごはんを食べて、7時半前に出勤。その間、子供たちはテレビを見たり遊んだりして過ごします。
    主人を見送って、子供たちの朝ごはんタイム。娘の幼稚園バスは9時前なので、ここから1時間以上あります。

    朝ごはんはお弁当の残りと納豆ご飯になることが多いのですが、息子は自分で食べるのでパジャマがご飯粒だらけになります。
    ごちそうさまを済ませて、「ご飯粒がいっぱいだから、お着替えしようね〜」と言うと、これまで何も言わなかった息子が突然、必死にパジャマをつかんで脱がないアピールが始まりました。

    別にパジャマが気に入っているとかではなく、着替えるのがイヤなようです。
    でもそのままにしていたら、部屋中にご飯粒が落ちるので、やはり無理やり脱がせることに。
    脱がせることに成功し、着替えをさせようとすると、脱衣所へ逃げ「ママ!ママ!」と号泣。
    「ハーイ。ママよ〜。」と迎えに行っても、泣いて暴れて抵抗。
    どうにか着替えさせて、アンパンマンを見せながら、次は娘の幼稚園の準備を始めます。

    娘は自分で着替えることもありますが、甘えて着替えさせてほしいということも多いので、その時は私が幼稚園の制服に着替えさせます。
    髪の毛を結んで、歯磨きと洗顔を済ませて、8時45分に出発し、送迎バスに向かいます。

    しかし、落ち着いたと思っていた息子が出発するのを拒否。また泣いて暴れて抵抗します。
    バスの時間もあるしこのまま置いて出掛けようかと思いましたが、それもできず、結局暴れる息子を抱っこで連れて行きました。
  • 何か対策を考えよう!

    朝の着替えのイヤイヤが3日続いたので、さすがに私も困り、遅ればせながらネットでイヤイヤ期について調べてみました。

    対策として挙げられたもので、私が取り入れようと思ったのは
    ・自分で決めさせる
    ・前もってスケジュールを予告する
    ・ご褒美など、本人のやる気を出させるものを用意する
    この3つです。

    まず最初に挑戦したのは、自分で決めさせること。
    洋服を2パターン用意し選ばせることにしたのですが、「イヤイヤ!」と泣き出し失敗。

    次に、スケジュール予告とご褒美作戦を試すことに。
    ごちそうさまの後、「これからお着替えして、アンパンマンを見て、お姉ちゃんバスに行くからね」と伝えます。
    すると、お着替えのワードではイヤイヤしていた息子が、アンパンマンと聞いて「うん」と言いました。
    毎日見ているアンパンマンなのに、ご褒美として使えるなんて嬉しい!

    着替えの途中でイヤイヤし始めても、「着替えたらアンパンマン見ようね」と言えば、すんなり従ってくれるではありませんか!

    着替えで失敗しなければ、朝のイヤイヤは出てこないので、とりあえず今はアンパンマン作戦で乗り切っています。
    これからどうなるのか不安もありますが、なるべくイヤイヤ予防できたら良いなぁと思っています。

みんなへメッセージやアドバイス

まだ2歳前なのでアンパンマンを見るだけで満足してくれていますが、これからいろんなパターンのイヤイヤが出てくるのだろうなと思います。
子どもの成長は嬉しいですが、戸惑うこともいっぱい。
ちなみにイヤイヤ期のなかった娘は、4歳になって反抗期を迎えました。
私にイヤイヤの耐性がないからか、イライラしてキツい言い方で泣かせてしまうことも多々あります。日々反省です。
親も成長しなきゃ、ですね!
0

上へもどる