カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 多胎(双子) >
  4. 双子ちゃんの出産にむけて。管理入院編( ̄▽ ̄)
多胎(双子)

[32w]双子ちゃんの出産にむけて。管理入院編( ̄▽ ̄) [妊娠・出産の体験談]

6207人に読まれました
2015-11-12 23:35
二卵性の双子ちゃんを妊娠して、早8ヶ月も過ぎようとしています。
妊娠した時は、ひどい悪阻、激しい頭痛、情緒不安定。
激しく怒ったり、原因もわからず泣いたり、上の子供たちに冷たい態度をとったり。
季節も、猛暑を過ぎ、短い秋が過ぎ、寒い冬を迎え、年も越しました。

いよいよ、管理入院です…。
はっきりと言って、入院したくありません。
何処も、異常ありません。
ただ、尋常じゃないくらいお腹が大きいです。
明らかに、このお腹の中には、1人ではなく双子ちゃんが入っています。

先日のエコーで、何とか大きさ、表情などわかりましたが、お腹の双子ちゃんは、元気そのものです。
でも、まだ大きくなる為、やはり管理入院は避けられません。
産院も近い為、あまり荷物を増やさず、まめに旦那さんに持ってきてもらう事にしました。

産院につきました。
お部屋は、フローリングで、ベッドの横には、パソコンがあり、ライトも調光でき、有線もあります。
上げ膳、据え膳。
しかも、おやつあり。
家より、快適な空間です。

入院する前に、医師から、
「。。さん、何処も悪くないんだから、ただ入院して赤ちゃん大きくしてね。」
そう言われました。

そんな事ありますか??


まぁ、ただゆっくり、ゆったりとできることは、幸せな事です。
子供たちと離れることは、とても寂しいことですが、お兄ちゃんや、お姉ちゃんにさせてあげる大切な事。
今の私は、元気に双子ちゃんを産んであげること。
それに、専念しようと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

管理入院する時に、上の子供たち2人が、付き添ってくれました。
帰る時、私がとても寂しくなって、泣いていましたが、子供たちは、「バイバーイ!」とあっけらかんでした。
一体の私って、何なんだろう。と思いましたが、入院したお部屋が、病室っぽくなかった為、子供たちも寂しい気持ちに、ならなかったようです。
そういう、産院の配慮とは、すごいものです。とてもありがたい気持ちになりました。
2

妊娠32w前後の体験談

上へもどる