カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. トイレトレーニング >
  4. 大好きなキャラクターとトイレトレーニング!
トイレトレーニング

[2歳]大好きなキャラクターとトイレトレーニング! [育児の体験談]

897人に読まれました
2015-11-14 16:25
娘がトイレトレーニングを始めたのは3歳を目前に控えた頃でした。
保育園に通っていたので、クラスの他の子供たちと一緒に、時間でトイレにいくように先生方と始めたのがきっかけで、
自宅ではほとんど何もしていませんでした。
  • まずはオムツのまま、時間でトイレを促す

    トレーニングパンツを履く前に、おむつのままでトイレに行くのを促すことから始めました。
    これは通っていた保育園のやり方と同じです。
    何かをする前(お出かけの前、ごはんの前、遊びの前、など)に必ずトイレに行ってみて、
    その他にもだいたい2時間空いたあたりでオムツが濡れていなければトイレを促しました。
    これで娘はだんだんにトイレに行く癖がつき、失敗も徐々に少なくなりました。
  • 難関…《ウンチ》!

    おしっこは徐々に自分から教えてくれるようになったのですが、
    娘の場合なぜかウンチだけは教えてくれませんでした…
    《してはいけないこと》という意識があったのか、ウンチをしたくなると必ず家具の陰に隠れたり別の部屋に行ったりして、トイレに入ってくれなかったのです。

    これを克服するために私がしたことは、娘な大好きだったアンパンマンとバイキンマンを画用紙で作り、トイレに貼りました!
    バイキンマンの方は可動式で、動かすとバイキンマンがウンチをしたように見えます。
    ウンチの時にトイレに行くのを嫌がるので、おしっこの時に必ずこのアンパンマンとバイキンマンを見せて、
    《トイレでウンチ、頑張ろう!》
    《バイキンマンも、トイレで頑張ってるよ!》と繰り返し教えていました。

    初めはそれでも嫌がりましたが、だんだんに《アンパンマンとバイキンマンと、ウンチする!》と言ってくれるようになり、
    やがて日中のトイレは全く失敗しなくなりました!

みんなへメッセージやアドバイス

親の言葉だけではうまく伝わらないことってありますよね。
どうして分からないんだろう?と思ってしまうこともありますが、子供は子供なりに必死です。
自分から行きたい、と思わせてあげることが大事だなと思いました。
好きなキャラクター作戦はなかなか有効だと思います!
オススメです♡
0

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる