カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 学資保険、医療保険、かけておくべき?
ママの悩み

[0歳3ヶ月]学資保険、医療保険、かけておくべき? [育児の体験談]

3740人に読まれました
2015-06-30 01:44
子供の学資保険、医療保険、皆さんどうされているでしょう?
我が家では妊娠後期から、夫婦でディスカッションを続けておりました。
どこの保険が一番良いのか・・・結局入った保険とは・・・?

  • 裏切られた某保険会社

    出産前から数社資料を取り寄せ、悩んだ末に決めた某保険会社。
    大手だし、手堅いだろうと決めたのですが、担当の方とのトラブルがありクーリングオフする羽目に。
    絞りに絞って2社すり合わせて、担当の方のお話を伺い、検討した結果がこれだったので、一時的に何を信じていいのかわからないくらい、保険会社不審に陥りました。
  • プロに頼んでみることに

    最近では保険代行会社(無料相談)というものがあるらしく、わらにもすがるつもりで、かつ慎重にお話を聞いてみることにしました。
    保険代行会社とは、ファイナンシャルプランナーさんがその家庭にあった保険を見直して、最適なものをおすすめしてくれるというものです。
    商売なので、善意で良い話だけを聞かせてもらえるわけはないと自らに言い聞かせ、自宅にお招きしました。
    お話の内容は、老後の貯蓄に関することと、主人に万が一のことがあったら、私と息子が生活していくためにどれだけ必要か、そのために保険の見直しが必要であるという話を前提に、加えて学資保険を考えていくといったものでした。
    無駄な保険はかけずに、万が一に備える設計で、非常にためになるお話でした。
  • 貯蓄型終身保険を学資保険に

    普通の学資保険は受け取る期間が来るまで貯蓄し、対象の子供に何かあった時の保障だけの保険が多いようです。しかしながら、気にしなくてはならないことは、その保険を払い続けられるのかどうか。そう、契約者に万が一のことがあった場合はどうなるのか?といったことです。
    学資保険の中には、契約者に何かあった場合は支払いの義務がなくなるタイプのものがありますが、返戻率が良くありません。
    おすすめされた保険は、貯蓄型の終身保険で、満期を受け取りたい時期に設定できるというものでした。つまり、契約者(父)に必要な金額になるように設定した、貯蓄型終身保険を掛け、受け取りを息子が大学受験をする予定である手前の17歳にするのです。そうすると、契約者に万が一のことがあった場合もカバーでき、何事もなかった場合は、目標の金額を受け取ることができます。
    また、この保険の良いところは、もし満期時に使用することがなければ、そのまま定期貯金のごとく預けっぱなしにしておくこともできるというところです。
    満期までに解約すると、返戻金が恐ろしく少ないというデメリットがありますが、満期以降の受け取りには十分な返戻率が施されてあります。
    こういう保険の掛け方は、一般に学資保険を探しているだけでは気が付きにくい方法だと思います。
    また、設定金額によって返戻率がよりおすすめの会社があるようで、これも相談しなければ最適なところが自分では見つけにくかったと思います。
    そんなわけで、数時間、何度も質問し直し十分に納得した上で息子の学資保険を決定することができました。
    こういう方法をとるわけなので、少しでも多く、負担が少なく貯蓄するためには、早いうちから契約したほうが得策です。
    ママ友さんの中には、そんなに急いで学資保険を決めなくても・・・という方もいらっしゃいましたが、個人的には1か月でも早く開始したほうが良いと思います。
    もちろん、ほしいときにお金がすぐ用意できるご家庭は別ですが。我が家のように、しっかり決めごとをしておかないと、一向にたまりそうにない家庭には必要なことでしょう。
  • 子供の終身保険について

    プランナーさんは子供の医療保険、終身保険については、こんな小さなときからかけなくてもいいんじゃないか?というご意見でした。できる限り出費を抑えておくために、大きな病気や、けがをしそうでない乳児に医療保険をかけるのはもったいないという話でした。
    私の個人的な意見として、終身保険は歳を増すごとに保険料が上がることから、できるだけ早く入れておいてあげたかったのです。そうすれば、年をとっても1か月千円程度の保険料で済みます。
    主人とプランナーさんは乗り気ではありませんでしたが、私はそれを押して簡単な終身保険を紹介してもらいました。
    乳児の終身保険なら月額も安いもので、ママ友ランチに出かけるくらいなら、1回くらいを保険料に充ててもおつりが出るものです。
    幸か不幸か、肛門周囲膿瘍で契約2か月後にして使うことに。
    予想しなかったことですが、自分の選択は間違っていなかったと思った瞬間でした。

みんなへメッセージやアドバイス

保険は高い買い物です(受け売り)。なので、必ず入ったほうがいいとは言えませんが、個人的には入っておいた方がいいと思っています。
保険料を払わねばならないと想定して毎月家計をやりくりするので、かえって節約にもなります。
万時何事もなく、息子の晴れの日の姿を見ることを夢見て、私たち夫婦は頑張っていこうと思います。
1

上へもどる