カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 赤ちゃんサロン・子育て広場を利用しました!
保育園・施設

[0歳3ヶ月]赤ちゃんサロン・子育て広場を利用しました! [育児の体験談]

2862人に読まれました
2015-11-14 17:51
子どもが生まれてから、初めて地域に「赤ちゃんサロン」や「子育て広場」といわれる施設がたくさんあることを知りました。
これらの施設のほとんどが、無料でだれでも利用できて、赤ちゃんのおもちゃや絵本などがたくさん置いてあります。
おむつ替えスペースや授乳スペースなどもあり、一日過ごすことができるママと赤ちゃんのための場所なんです。
  • 3か月でデビュー!

    私は、とにかくじっとしていられない性格ということもあって、育児で家に一日中いる生活はニガテでした。2ヵ月から始まった予防接種も軌道に乗り始め、ちょっと余裕が出てくると、さっそく出かけたい症候群が!
    1ヵ月健診の時だったか覚えていませんが、子育てに関する地域の冊子をもらって、そこに「赤ちゃんサロン」や「子育て広場」の場所が載っていました。
    赤ちゃんが3ヵ月で首も座ってきたころ、初めて近所の子育て広場へ行ってみることにしました。

    施設の中には、3、4組くらいの親子がいました。どの子もうちの子よりは月齢が進んでいて、6か月くらいの子や1歳くらいの子でした。
    いつも、自分の子だけと向き合って生活しているので、少し上の月齢の子をみると「こんなことができるようになるのか!」と感動してしまいました。
    先輩ママの話を聞いたり、自分の悩みを聞いてもらったり、とても刺激のある時間を過ごすことができ、一気に子育て広場に魅了されてしまいました。

    それからは、お昼寝後の1、2時間利用するようになったり、ひとつの施設ではなくて、いろいろな場所の施設に行ってみました。

    月齢が上がって、ずりバイできたりお座りができたりすると、遊び方も変わってきて、お友達に興味を示したりと、子どもの成長を感じられる場所でもありました。
  • 生後11ヵ月での引っ越し

    旦那の仕事の都合で、子どもが11ヵ月の時に引っ越しをしなくてはいけなくなりました。子育て広場を通じてできたお友達や地元のお友達とも離れなくてはいけません。
    また、誰も知り合いのいない場所で、やっていけるだろうか…。不安でいっぱいでした。

    引っ越しをして、まず近所の子育て広場を探しました。初めての地でドキドキでしたが、「先生」と呼ばれる施設の方が2、3人いらっしゃって、笑顔で迎えてくれました。
    ここでもまた、たくさんの親子と触れ合う機会ができて、すぐにこの地域に馴染むことができました。

    ほとんど毎日のように、お弁当も持参して通うようになりました。幼稚園に入るまで、ほんとうに子育て広場にはお世話になりました!

みんなへメッセージやアドバイス

子育て広場のおかげで、ママ友もできたし、子どもも他の子の影響を受けていろんなことができるようになりました。
赤ちゃんサロンや子育て広場って、初めて行くときには少し勇気がいる、というママもいるのではないでしょうか?
勇気を出して、一度行ってみてください!きっとママも赤ちゃんも楽しめると思います。
2

上へもどる