カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. トイレトレーニング >
  4. トイレトレーニングの失敗談
トイレトレーニング

[3歳]トイレトレーニングの失敗談 [育児の体験談]

509人に読まれました
2015-11-16 10:17
よくトイレトレーニングは2歳の夏から始めましょう、などといいます。

理由は夏のほうが子どもがおもらししてしまっても寒くない、パンツもよく乾くから……などなどが考えられますが、個人的には「2歳の夏」にこだわらず、秋でも冬でも春でも、いつでも「子どもの状態」を見極めてから始めたほうがいいと思います。

というのも私自身が10月生まれの長男のトイレトレーニングを1歳の夏から少しずつ始めたのですが、なかなか進まずイライラしていた経験があるからです。

キャラクターのついたメロディの鳴る補助便座に座らせ、トイレ中は私がトイレの歌を歌い、トイレのドアや壁にはチラシや雑誌のキャラクター写真を切り抜いて貼ってみたりして、とにかくトイレは楽しい場所だと認識させるようにしました。

しかし子どもはなかなかトイレで排泄してくれず、イライラ……

いったんお休みし次の年、2歳の夏にトレーニングを再開してみたものの、気が向けばトイレで排泄してくれるものの、ほとんどは失敗ばかり。

「もうすぐ3歳なのに~!!」と焦ってかなりガミガミ怒ってしまいました。
そして自己嫌悪におちいることも多かったです。

そして季節は秋、冬と進みましたが、「ここでお休みしてはいけない!」と寒い中でもトレーニングを進めました。冷たい水でもらしたパンツを洗うのはなかなか辛いものがありました。

その後実際に昼間パンツで過ごしても失敗しなくなったのは3歳半になるころ、入園直前の春ごろでした。

みんなへメッセージやアドバイス

トイレトレーニングを終えた今思うことは「夏」にこだわらず、子どもが「排泄はトイレでしたほうがいい、したい」と自発的に思い始めるまで待ってから始めたほうが、お互いストレスなくすぐに終了できたのではないかな~ということです。

うちの場合は3歳の冬がベストだったのではないかな……
みなさまも「年齢」や「季節」にこだわらず、子どもの様子を見て、トレーニングをさっと終わらせられる時期を考えて実行してみるといいと思いますよ。
2

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる