カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. トイレトレーニング >
  4. トイレトレーニング~成功談~
トイレトレーニング

[3歳]トイレトレーニング~成功談~ [育児の体験談]

321人に読まれました
2015-11-16 10:20
我が家の長男はトイレトレーニングを2歳前から始めて、3歳半で終了(昼間パンツのみで過ごせるように。おねしょは数ヶ月に1回程度はする)しました。

思い返してみればあっという間なんですが、真っ最中の間は「いつ外れるの~」と焦り怒りする日々で、結構ガミガミ子どもに「トイレでおしっこしなさい!」と言い続けてしまい、後で悪いことをしたと気落ちすることも多かったです。

ここではそんなトイレトレーニングで我が子に効果があったものをご紹介していきたいと思います。
  • ・ トイレでおしっこやうんちができたらシールをあげる

    使用済みカレンダーの裏をトイレのドアに貼り、トイレが成功するたびにシールを貼らせました。

    シールは何かのおまけなんかでもらえるものが案外溜まるので、特にお金をかけずに子どもが喜んでくれるいい方法でした。
  • ・ トイレに子どもが好きなキャラクターを貼る

    トイレの壁に子どもが好きなキャラクターを貼り、「○○に会いにトイレに行こうか!」と声をかけていました。

    これもチラシや雑誌、お菓子のパッケージなどの切りぬきを使うことで、お金をあまりかけずにすることができました。
  • ・ 子どもにパンツが濡れる感じを分かってもらう!

    これがトイレトレーニング成功の決め手となる一番重要なポイントだと思います。夏でパンツがすぐ乾くときなどにあえてパンツ一枚でおもらしをさせて、濡れる感じを覚えてもらったりしました。

    冬はズボンまで濡れてしまうと冷えてかわいそうだと思ったので、布パンツにトイレトレーニングパッドをつけて、漏らしてもズボンまでは濡れないように気をつけました。
    ですがパンツの中は冷たかったようで、それが嫌で冬の間にトイレでおしっこをするようになりました。

みんなへメッセージやアドバイス

ちなみにおもらしをしたパンツはうんちなどを取り除いたあと、洗剤をちょっとつけて風呂場で手洗いをし、バケツに一晩つけておいて次の日に軽くゆすいで洗濯機にいれていました。冬場は水が冷たくて辛かったです。ですがうちの子は冬に飛躍的にトレーニングが進んだので、頑張ってよかったと思います。
0

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる