カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 真夜中の「もしかして破水」騒動
出産

[41w]真夜中の「もしかして破水」騒動 [妊娠・出産の体験談]

1361人に読まれました
2015-06-30 15:37
妊娠後期に入り、お腹は重たいわ、腰は痛いわ、胸焼けして食欲もでない日々が続いていました。

いよいよ正産期に入り、かわいい赤ちゃんも体のだるさももう少しという楽しみと同時に、もうお腹から出ていってしまうのか、胎動も感じられなくなるのかと寂しい思いに浸っていたりもしました。

しかしながら、まったく体調に変化もないまま予定日を過ぎてしまいました。そのままどんどん日にちが経って41週に突入した、そんな、まだかまだかと待ちわびていたときの夜中のことです。

じわっとパジャマが濡れたのです!

もしかして、破水?と頭をよぎったものの、破水にしては少量だし、陣痛もないし…と、そのまま1時間様子をみたものの、それからなんの症状も出ませんでした。

自分で様子を見てみたものの、破水でも少量のこともあるとか、陣痛が弱くて気づかない人もいるなんて情報をインターネットで見て不安になり、結局病院へ連絡しました。

するとすぐに入院準備をして来てくださいとのこと。

やっぱりいよいよ生まれるのかとドキドキしながら病院へ向かいました。

病院へついて見てもらいましたが、子宮口はしまってるし陣痛もないですね~ということで、結局様子見。

そのまま朝まで6時間も待ったのですが何もなく、ただの尿漏れだったみたいですねと話されました。

あれだけ大騒ぎして尿漏れなんて恥ずかしかったですが、よくあるトラブルなんだそうです。

そして、もしかして破水だった場合のための対処として抗生物質だけ渡されました。

本当の陣痛が来たのはそれから3日後でした。

先日のトラブルがあったおかげで心の準備はバッチリでした。

予定日から大幅に遅れたので心配しましたが、陣痛がきたらあっという間の3時間で産まれてきました。

無事に出産を終えた今は私が寂しがったりしたから赤ちゃんがマタニティライフを長く過ごさせてくれたんだと思ってます。

妊娠後期になると、毎日陣痛がくるか、破水がくるかとドキドキしましたが楽しい思い出です。

尿漏れのトラブルも恥ずかしかったですが、本当の破水のこともあるので、きちんと病院にいって安心できたのでよかったです。



1

妊娠41w前後の体験談

上へもどる