カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. 姉妹でもこんなに違う!~よだれ編~
成長の目安

[0歳5ヶ月]姉妹でもこんなに違う!~よだれ編~ [育児の体験談]

1991人に読まれました
2016-08-22 16:37
我が家の姉妹、顔はとてもそっくり。
でも当たり前だけど姉妹なのにこんなに違う!というところもたくさんあります。

その一つがよだれの出かたです。
  • 長女のよだれの出方

    長女はよだれがあまり出ない子でした。
    出産前に作ったり、購入したり、お祝いでいただいたりしたスタイがたくさんありましたが、ほとんどよだれの出ない長女にとっては宝の持ち腐れ。

    ちょっと首元が寒いかなというときの防寒や服装のアクセントにというときのファッションとしてつけることはありましたが、よだれで濡れないようにするためという用途ではほとんど使われませんでした。
    歯が生えてくる時期に少しだけよだれが増えた時期があり、その時だけ口の周りが少しよだれかぶれになったりもしましたが一時的なものでした。
  • 次女のよだれの出方

    対して次女は3~6ヶ月頃のよだれの出かたがものすごく、長女の時に使われなかったスタイが大活躍しました。
    ただよだれが出るだけではなく、唇を震わせてブーブーするのが5ヶ月頃からお気に入りで、それによってよだれが余計に出るという状況で多い時には1日に5~6枚のスタイが必要でした。

    真夏はスタイをすると首周りに汗が溜まりやすくなるのでできるだけスタイをはずしてタオルでこまめによだれを拭くようにしていましたが、それでもおいつかないくらいでした。

    また、湿気の多い夏場はよだれにまみれたスタイはカビが生えやすく、洗濯の前に水洗いをして干しておくなどしても、いつのまにか黒いポツポツが出てきてしまい何枚も処分しました。
    ただ、よだれかぶれになった長女に対して次女は普段からよだれが多かったせいなのかよだれで口周りがかぶれることは全くありませんでした。

    そんな次女のよだれも前歯が2本頭をのぞかせる頃にピタリとでなくなり、10ヶ月の現在スタイは全く必要なくなりました。


    こんなにもよだれの量に個人差があるとは!と驚きましたが、持て余していたスタイが大活躍の末に処分されていったので、これはこれでよかったな、と思った私の体験でした。

みんなへメッセージやアドバイス

兄弟姉妹でもこんなに違うのか!と思うことっていろいろありますよね。
よだれに関しては私が最初に大きく感じた姉妹の相違点でした!
2

上へもどる