カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おでかけ >
  4. 子連れで海外旅行~ニュージーランド④~
おでかけ

[1歳2ヶ月]子連れで海外旅行~ニュージーランド④~ [育児の体験談]

298人に読まれました
2015-11-17 18:35
ニュージーランドでの10日間の生活で2つの驚きがありました。

ショッピングセンターなどにあるおむつ交換や授乳などをするベビールーム・・・一部屋にまとめられているのですが、広い!!!そして、おむつ交換台がたくさん並んでました。授乳の為のソファーも日本の病院の待合室のようなソファーではなく、大きな家に置いてあるような一人掛けの腰を深く掛けられるソファーでした。残念ながら息子は早々に卒乳していたので使うことは無かったのですが。。。
そして、ここからがビックリポイント!ベビールームには小さいのですが遊べる場所があるのです!遊べると言っても壁掛けの小さなおもちゃとぬいぐるみがほんの少しある位なのですがきっと、下の子のおむつ交換や授乳中に上の子が遊べるようにの配慮だと思います。遊べる場所もきちんと透明の板で囲われていて、外から見えるようになっているので子供からもお母さんを確認できるので安心だと思いました。
スペースの問題もあるとは思うのですが、日本だとこういう兄弟への配慮までしてあるベビールームが少ないのでこういう場所が増えるとまた、少子化対策のほんの一部になるのではないかなぁ、と強く感じました。私も下の子が生まれてから、授乳中に上の子が一人で時間を持て余してしまう事に悩んだ事もあります。

2つ目の驚きは街中!!私はニュージーランドに行った時はコンパクトな簡易バギーを持参して行ったのですが、街にはもちろん大きいベビーカーを押したお母さんたちも居ます。
日本では考えられない光景を目にしました!
ベビーカーを押して歩いていると、、、日本ではベビーカーを押している側が歩行者を避けて歩くことが当たり前ですが、ニュージーランドでは対向の歩行者がベビーカーの為に道を空けて歩いてるのです!!!しかも、自然に慣れた感じで!人通りの少ないところでは、お互いに譲り合うのは簡単ですが、この光景を人通りの多いスクランブル交差点で見ました。
これには私だけでなく友達も感動してました。日本では避けてもらえるなんて当たり前に思っていようものなら“子連れ様”なんて言われてすぐに批判の対象になってしまいますね。。。

国が違う!文化が違う!と言われればそうなのですが、国単位でも良いところはお互いに見習っていきたいものですね~
0

上へもどる