カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 突然のつわりから始まったマタニティライフ
つわり(悪阻)

[7w]突然のつわりから始まったマタニティライフ [妊娠・出産の体験談]

3249人に読まれました
2015-06-30 16:18
一昔前のテレビドラマで、突然女性が「うっ!」と言いトイレに駆け込むシーンをたびたびみていましたが、ある日突然自分にも起きるとは微塵も考えたことがありませんでした。
ある朝目覚めたら何とも言えない体調不良と船酔いのような気持ちの悪い症状があり、それを旦那につたえようと話をしたとたんに、「うっ!」とトイレに駆け込みました。まさに子供のころに見ていたドラマそのもの状態になりました。すぐに病院へ行ったところ妊娠がわかりうれしい半面長いつわりとの戦いの日々が始まりました。

妊娠二か月から六カ月までひどいつわりに悩まされていました。しかし六カ月を過ぎたころから徐々に気持ち悪さがおさまり、産院で行っていたマタニティヨガを始めました。ゆっくりと体を動かし赤ちゃんを感じながらする運動はとても気持ちがよく、体にも心にもとてもよいものでした。生活習慣の見直しのもうひとつに、食生活も改めインスタント食品を一切やめて豆腐や野菜中心の食事を心がけました。また、葉酸がよいと聞いたので、サプリメントで葉酸を補っていました。

突然のつわりではじめは憂鬱になり引きこもりがちになっていましたが、一生のうちで何度も経験できないとても貴重な体験をしていると前向きに考えました。マタニティライフをいかに楽しみ、出産準備をし始めると今まで知らなかったグッズや雑誌がこんなにあるのかと面白くなりました。また、妊婦に対しての周りの人からの気遣いや暖かい言葉にも励まされ、未知なる出産に戸惑いながらも前向きに考えることができ本当に感謝がいっぱいのマタニティライフでした。

1

妊娠7w前後の体験談

上へもどる