カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 壮絶!陣痛物語②
出産

[40w]壮絶!陣痛物語② [妊娠・出産の体験談]

1834人に読まれました
2015-11-18 17:14
病院に到着後、NSTやらなんやら色々やってもらって看護師さんから、、、
『まだまだ生まれないと思うけど、自宅まで少し距離があるし陣痛も10分間隔だからこのまま入院しましょう!』
・・・まだまだなんだぁ。。。こんな気持ちが先行してました。
取りあえず、陣痛室に移動してベッドの上でゴロゴロタイムです。
ここまで、母が一緒に付き添ってくれていたのですが、陣痛室に移動して早々に『居てもやる事無いし、まだ生まれないから帰るね~。生まれたら教えてね~』と言い残して帰って行きました!旦那が来るまでの1時間ちょっとの時間がとても暇でした。
お昼前に旦那は病院に到着したのですが、その頃もまだまだ陣痛も痛みはさほど無く・・・
のんびり、旦那とお喋りをしていたのですが、お昼ご飯が出た辺りから痛みが急に増してきてここから記憶がものすごーく曖昧です!陣痛の間隔も覚えてません。。。

陣痛が一段階進んで私の体に異変が!!
強烈な吐き気が痛みと共にやってきました。痛みが増すごとに吐き気も増してきてついにはベッド横にあったトイレへ駆け込む事態に!そこからは、定期的にやってくる陣痛と、陣痛が始まってから一睡もしてなかったので睡魔との闘いでした。
トイレに駆け込んで以来、陣痛はほぼ5分おきでした。その5分の間に少し寝て、陣痛で目が覚めてを何時間か繰り返していました。
夕方になり、看護師さんからまだ産まれなさそうと言われていたので、病院到着後から何も食べて無かった旦那は病院の外に夕飯を食べに出掛けて行きました。
帰って来たらベッドから私が居なくなってる事を誰も予想せずに・・・(笑)

ーつづくー
3

妊娠40w前後の体験談

上へもどる