カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 妊娠とアレルギー①
妊娠中の生活

[12w]妊娠とアレルギー① [妊娠・出産の体験談]

219人に読まれました
2015-11-18 12:57
今日は昨日にも増して大雨が続いている九州地方ですが…
なんだか梅雨みたいなお天気が最近続いていますよね(ーー;
明日には天気も回復するということで一安心なわけですが…

雨の日ってなんだかジメジメしていてほこりっぽいですよね…
外に出るのもおっくうな日は、色々と片付けをしたりするわけですが…
そんな時に出てくるほこりを吸うことで、おなかの赤ちゃんのアレルギーに関わったりしてしまうのでしょうか??
今回はアレルギーについてお話ししたいと思います。

アレルギーは食べ物や飲み物、動植物、家の中のダニやほこりなど、様々な原因がありますよね。
特によく耳にするのが、卵、牛乳のアレルギーです。
おなかの赤ちゃんがアレルギーになることを防ぐために、卵や牛乳をなるべくとらないように心がけているママもたくさんいるでしょう。
ですが、医師の見解によると、アレルギー発症の原因のほとんどは、親からの遺伝だそうです。
つまり、親が何らかのアレルギーを持っていた場合、生まれてくるこどもにもアレルギーがある可能性が高いということですね。
これは両親でなくとも、おじいちゃんやおばあちゃんからの遺伝も考えられるそうです。
しかし、遺伝性のアレルギーであっても、生まれてきた子供が発症しないこともあるんだとか。

そのため、普段アレルギーをもっていない母親が、牛乳や卵をたくさん食べたからと言って、子どもがアレルギーになるとは断言できないのですね。
しかし、偏った食生活が、アレルギーだけでなくとも、思わぬ事態を生んでしまう可能性もありますので、やはりバランスの良い食事を心がけることをおすすめします。

みんなへメッセージやアドバイス

こどもがアレルギーになったらどうしよう…
そう考えるとついつい心配しすぎで神経質になってしまいますよね。
ですが、神経質になる方が、おなかの赤ちゃんにとっては悪影響です。
ついつい食べたくなるものも、毎日摂ることは避けて、置き換えなどで気分転換してみるとよいでしょう。
0

妊娠12w前後の体験談

上へもどる