カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. お腹いっぱいたっち!妊婦さんの挨拶回り
妊娠中の生活

[16w]お腹いっぱいたっち!妊婦さんの挨拶回り [妊娠・出産の体験談]

2417人に読まれました
2015-11-18 13:28
*妊婦さんのおなかは触っちゃいけない!?*
 最近、「おなかを触られない権利」というものも発生してきているそうですね。
たしかに、誰かれ構わずぺちぺち触られると、「ちょっとやめてー!」と言いたくもなってしまいそうです。
 そんな中、私はいまあることを実践しています。それは、
「みんなにお腹を触ってもらう!できるなら声をかけてもらう」です。

*赤ちゃんの出会いはもう始まっている*
 だからといって、道行く人に声をかけて、「ちょっと触ってもらえませんかね!?」って声をかけるんじゃないですよ(笑)。
 いま、ご挨拶回りで親類の家に行く機会が多いのですが、そこで「ちょっと触らせて!」って言ってもらえたら、喜んで触れてもらうようにしています。
 というのも、この時点で、赤ちゃんはきっとその感触を感じているし、聞こえているからです。

*お母さんの気持ちも赤ちゃんに伝わっている*
 触れてもらったときに、お母さんが「いやだなぁ」と思えば赤ちゃんも「いやだなぁ」と思いますし、「うれしいなぁ」と思えば赤ちゃんも「嬉しいなぁ」と思えます。
 出産したあとも、その触れてくれた人に抱っこされたとき、「お、これは知っている感覚だぞ」と、きっと安心してくれるとも思っています。

*号泣!おばあちゃんに触れてもらったとき*
 先日、旦那さんの父方のおばあちゃんにご挨拶に伺ったときも、おなかに触れてもらったんです。おばあちゃんは数珠を手に持ち、その手で私のお腹にころころ当てながら、「元気な子で生まれてね」とお祈りをしてくれました。
 その瞬間、私はなぜだか、涙がこみ上げてきたのです。おなかの中がほんわかあったかくて、体の中からじんわりと涙が込み上げてくるようでした。

いまでも、その体験は心に深く残っています

みんなへメッセージやアドバイス

 お腹の中の赤ちゃんは、きっと私たちの愛情のシャワーをいっぱい浴びて、幸せに過ごしています。 
 それと同じように、私たちも誰かからいただいた愛情を心から受ける事で、赤ちゃんにもそれが伝わるのです。
 赤ちゃんに、いろんな愛情を感じさせてあげて下さいね。
0

妊娠16w前後の体験談

上へもどる