カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 健診・検査内容 >
  4. 左右で足の長さが違う疑惑
健診・検査内容

[0歳10ヶ月]左右で足の長さが違う疑惑 [育児の体験談]

757人に読まれました
2017-02-01 16:58
息子は首すわり、寝返り、おすわりまでは順調でした。しかしその後ズリバイもせず、ハイハイもせず、つかまり立ちもせず、何ヶ月間も過ぎ、急に当たり前のようにハイハイを始めたのは10ヶ月目前のことでした。

10ヶ月健診があり、息子を連れて行くと、身長、体重は問題なし。このままスムーズに終わるかと思いきや、最後の最後で「左右足の長さが違うようだ」と言われました。

それまで言われたことのないことでしたし、普段の生活では全く気にならなかったのでビックリと同時に困惑。とりあえず大きな病院へ一度連れて行って診てもらうことを勧められ、紹介状も手渡されました。

数日後に大学病院へ。レントゲンまで撮って、本人よりも母の私が不安になりました。

つかまり立ちが上手くできないのも、足の長さが違うからじゃないかと思えてきて、ハイハイが遅かったのもそれが原因なのかと思うと、これまで気づかなかった自分を責め、気が気じゃ無くなりました。

レントゲンの結果は直ぐに出てきました。「全然問題ないです」、そうサラッと言われ安心したものの、逆になぜ左右差があるように思われたのかという疑問が。「赤ちゃんは体が柔らか過ぎるから、そう勘違いしてしまったのかもね~」という、何ともしょうもない結論。不安に押しつぶされそうになった時間を返して欲しいと思いつつも、とりあえず一安心した出来事でした。

その後、息子は直ぐにつかまり立ちを完成させ、同時に伝い歩きを始めて今に至ります。
1

上へもどる