カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 壮絶!陣痛物語③
出産

[40w]壮絶!陣痛物語③ [妊娠・出産の体験談]

1205人に読まれました
2015-11-27 16:17
さてさて、旦那が夕飯を食べに出掛けて程なくして私は次々にやってくる陣痛の痛みに1人で耐える事に限界がやってきました。

“息が出来ない!!”

息が出来ないなんて初めてのことで頭の中はパニックになりながらもナースコールのボタンを連打!!!看護師さんが来てくれて私はテレビドラマで見るような
『い、いきが・・・で、き、な、い,です。。。』
なんてセリフ、、、まさか自分が言うなんて思ってもみませんでした。


トイレに駆け込んだ時もそうでしたが、看護師さんはいつでも優しかったです♪
『大丈夫ですよ~!陣痛中の妊婦さんにはよくある事ですから安心してくださいね~!』
白衣の天使の意味が分かった瞬間です!

息が出来なくなってから、背中をさすってもらい呼吸を整えました。
『分娩室に移動しましょうか!』
と看護師さんの判断で分娩室に移動しました。
入院してからここまで10時間。。。長かったぁ・・・まだまだここからが長かったのですが、この時の私には出産へ一歩近づいた気でいました。この時点でまだ19時位。

分娩室に移動してしばらくすると、食事を終えて戻ってきた旦那が看護師さんに案内されて分娩室に入ってきました。
旦那が戻ってくると今度は助産師さんから
『お産を進めるために少し歩きましょう!』
正直、この一言には心が打ちのめされました!とーーーーーっても陣痛が痛くて痛くて歩くのなんてとんでもない!って思ってしまいました。

でも、若くて初産だった私は素直でした。。。

ーつづくー
2

妊娠40w前後の体験談

上へもどる