カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 妊娠とアレルギー③
妊娠中の生活

[12w]妊娠とアレルギー③ [妊娠・出産の体験談]

418人に読まれました
2015-11-20 13:15
こんにちは^^
今日はカラッと晴れていいお天気です☆
ですが暖かい気温が続くせいかなかなか紅葉が進まないようですね^^;

さて、前回まで、食品のアレルギーとハウスダストのアレルギーについて記事を書きましたので、今回は動物のアレルギーについて書いていきたいと思います。

アレルギーはやはり遺伝性が強く、前回説明したことと同じになりますが家系にアレルギーを持っている人がいた場合、おなかの赤ちゃんにも遺伝する可能性が高くなります。

また、ペットのアレルギーの場合、犬や猫をはじめ、うさぎや鳥など主に家で飼われている動物のほとんどにアレルギーの可能性があるわけですが、アレルギー反応を引き起こす主な原因は、動物の体から出るフケや抜け毛、ダニやノミなどです。

妊娠中の動物アレルギーにおいて良くあるエピソードとして、妊娠前はなんともなかったのに、妊娠してからペットと触れ合うとくしゃみや目のかゆみが止まらなくなった、という体験談が非常に多いようです。
これはおそらく、もともと健常だった時には出なかったアレルギーの症状が、妊娠中は免疫が弱くなりますので、顕著に出たのではないかと考えられます。
こうなった場合は、動物のアレルギーが予想されますので、病院で血液検査を受け、何が原因だったのかを特定することをおすすめします。

また、その際にアレルギーが発覚した場合、おなかの赤ちゃんも動物アレルギーである可能性が高いですので、出産後に動物に触れ合わせる場合、注意が必要です。

みんなへメッセージやアドバイス

妊娠中にアレルギー反応が出てしまった場合、そのまま一緒に暮らすのはなかなか大変ですよね。
パートナーに協力してもらって、抜け毛やフケの掃除をこまめにしたり、ブラッシングやお風呂に入れてあげたりなどで症状が改善されることもあるでしょう。
また、実家に預けておくなど、ペットが傷つかない方法で対策をとるようにしましょう。
0

妊娠12w前後の体験談

上へもどる