カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 終わりの見えない初期つわり。耐えられず里帰り!実家があってほんと~に良かった!
つわり(悪阻)

[10w]終わりの見えない初期つわり。耐えられず里帰り!実家があってほんと~に良かった! [妊娠・出産の体験談]

1225人に読まれました
2015-11-24 10:09
もうだめぽ。


  • タイミングが・・・

    妊娠してからずっと吐きづわりに悩まされていた私ですが、
    この時運悪く、夫が長期出張(約3か月)になってしまいました。

    夫は今までちょこ~ちょこ家に帰ってこれたのですが、この出張へ行くと全く帰ってこれません。

    たまにしか会えないとはいえ、夫がいるからこの生活に耐えられたのに、
    1人で3か月この家で過ごす・・・?


    もう無理だー!泣泣泣


    ということで、夫が長期出張の間、海を越えて実家へ帰ることにしました。

    夫も私の様子をよく知ってくれていたので、快くうなずいてくれました。


    そして、夫を出張に送り出した後、私は反対方向へ実家へ戻りました。
  • 大量のビニール袋、水、お湯をもっていざ出陣

    実家へは新幹線と在来線を乗り継がなくてはなりません。
    体に負担がかからないよう、いつ吐き気が来てもいいように

    ・主な荷物は両親へのお土産だけ
    ・服のポケットやカバンにビニール袋を常備
    ・水とお湯の水筒
    ・こんにゃくゼリー

    を用意し、出発しました。

    電車も、できるだけトイレに近い席をとりました。

    新幹線は割と大丈夫でしたが、在来線がけっこう揺れてきつかったです。

    それでもなんとか、周りの方に迷惑をかけず、実家の最寄り駅までたどり着くことができました。

  • 何もしなくてもご飯が出てくる幸せ

    実家に身を寄せて変わったこと。
    いくつかあります。

    まずは食事です。

    今まで一人で過ごしていた時は、自分で買い物をして、食べて、片づけて、ゴミがたまったらゴミをだして・・・

    としていたのですが、実家ではなんと!

    ご飯がでてくる→食べる

    おしまい!

    シンクでお皿も洗わなくていいし、ゴミ出しもしなくていい!

    なんて幸せなんでしょう。
  • 何もしなくても部屋がきれいな幸せ

    ご飯を食べる以外はほとんど横になっていた私ですが、なぜか部屋がきれい!

    どうして・・・?妖精さん?

    違います。

    両親が部屋をこまめに掃除してくれた(笑)からです。

    おかげで部屋はいつも綺麗でした。

    ほこりが転がって合体するのを眺めていた頃とは全然違います。

  • 誰かが心配してくれる幸せ

    家では げぼーっ!と吐いても、
    夫が不在の時は誰も心配なんてしてくれませんでした。

    が、

    実家では両親が

    「大丈夫?」「何か買ってこようか?」と聞いてくれました。

    1人で耐えることに慣れていた私は、涙が出そうになるほど嬉しかったです。

  • 人生で一番感謝している時期かも。つわりも悪いことばっかりじゃない。

    私は今まで大した病気をしてこなかったので、
    ここまでまるまる病人として大事にされたのは初めてでした。

    私はプライドが高くて、今まで自分がつまずいた時に親に面と向かって頼ろうとしたことはあまりなく、親が察してあれこれ世話を焼くのは正直疎ましいと思う時がありました。

    でもこの時本当につらくて具合が悪くて、初めて素直に両親に甘えることができました。

    今が一番感謝しているかもしれません。


    そう考えると、つわりになって良かったかも、と思えました。
    つわりにならなかったら、実家の大切さや両親にありがたさも、こうやって知ることもなかったかもしれません。

みんなへメッセージやアドバイス

つわりで苦しいママさん、もし頼れる実家があるなら、頑張り続けるのも一つの道ですが、
一度主婦業を投げ出して実家に一度帰っても良いかもしれません。

自分が大切にされていることを再確認できますよ♪

1

妊娠10w前後の体験談

上へもどる