カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. 最近の、ムスコとネコ
事故予防・安全

[0歳10ヶ月]最近の、ムスコとネコ [育児の体験談]

1268人に読まれました
2015-11-20 22:32
最近、ひたいとひたいを合わせてごっつんこ!としてくれるのを覚えた息子。
大好きな飼い猫ヨリにまでごっつんこ(笑)
写真じゃみえないのですが猫、すごく幸せそうにしているんです。

妊娠した時に猫を飼っていることで不安が少しありました。
・動物アレルギー、ハウスダストにならないだろうか
・猫自身がヤキモチを妬いたり、赤ちゃんの事をこうげきしたりしないだろうか
こんなことを考えていました。

産後、入院から帰ってきた日のことです。
帰宅してすぐに猫の方から寄ってきてくれたので、満足するまで赤ちゃんの匂いをかがせました。内心ひやひやしていたのですが、それから猫のほうから子供によっていくことはありませんでした。
それでも接触する機会は多く、新生児の頃の沐浴は台所で行っていたのですがその度に裸の子供をクンクン…
噛むかな、と思いきやスリ…としっぽを顔にすりつけてどこかへ行ってしまいました。

寝がえりがもうすぐできるかな?という3ヶ月の頃。
ベッドの上に出窓があるのですが、そこから子供を日がな一日見守っていた猫。その猫を目で追いかけているうちになんと寝返りしました!
偶然かもしれませんが、確実に頭上を通る猫をみて、追いかけているうちにコロンとできました。その時は感動して嬉しくて猫と子供を同時にほめちぎりました。

しっかり寝返りができるようになったころ、リビングにマットをひいて好きなだけ頃がしておいたのですが、その時分から猫は子供とべったりするようになりました。

彼女(メス猫なんです)が息子のことをどう思っているかは分かりませんが、なによりも仲良くしてくれることがありがたいし、ほんの気まぐれですが5分間だけ遊んでくれるときなんかがあってなんだかなあ、とほほえましく思っています。

みんなへメッセージやアドバイス

私の猫がなぜこんなに子供に優しくしてくれるのか全くわからないのですが、毎日甘えてくるときには忙しくても必ず撫でたり声をかけるようにしています。
清潔にするようにはしていますが、息子自身にアレルギーがでなかったことは幸運だなと思います。
0

上へもどる