カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. はじめて赤ちゃんと二人で過ごした夜
産後

[37w]はじめて赤ちゃんと二人で過ごした夜 [妊娠・出産の体験談]

767人に読まれました
2015-11-21 08:02
 私は海外の病院で娘を出産したのですが、すぐに大部屋での母子同室となりました。出産後、透明ケースのようなベッドの中で私の赤ちゃんと再び対面しました。その時は自分が母親になるなんてまだ心の準備が整ってなく、「この子を私が世話するんだ。」とぼんやり考えていました。
 夜間の出産だった事もあり、ぐったりししばらく休んでいると、看護師さんから「赤ちゃんから母乳をあげるように」と指示を受けました。私は「あぁ、初乳には赤ちゃんに有効な成分がいっぱいあるんだっけ。」と妊娠中に勉強したことを思い出しながら、初めての授乳を慣れれない手つきでしました。妊娠前よりやや大きくなった胸に勢いよく吸いつく娘。初乳は黄色の乳液が少量出てきました。誰に教わったわけでもないのに、本能的に乳にしゃぶりつく娘。子どもを産んで育てることは本当に神秘的なことだなと感じながら、産まれたばかりの娘を愛おしく眺めました。しかし、まだ母乳の出が悪いのか、娘は40分間ずーっと吸い続けていました。その後数時間一緒に眠ると、娘が空腹のためか泣きだし、再び授乳を開始することに。これもやっぱり30分以上も吸ってました。そのうちに疲れてしまい、ベッドで横になって授乳しながら、うとうと寝てしまい、「赤ちゃんが母親の体で潰れるてしまうことがあるから」と看護師さんに起こされたりしてました。その後も娘が空腹で泣きやまないので、看護師さんが私の娘を抱えて、別室で哺乳瓶でミルクを与えてくれました。娘が何回も出ない乳を、強く吸ったため、乳頭部がジンジンとして痛かったのを覚えてます。大部屋の他のママと赤ちゃんを観察してみると、皆さんとても慣れているようでびっくりしました。すんなり母乳を左右あげて、赤ちゃんはすぐに寝てしまう、ちょっと泣いても、少しあやして上手に寝かしつけてました。
 新生児は母乳を飲む一回量が少なく、ママ自身も全員が母乳が最初からたくさん出るわけではないので、本当に母乳をあげては、少し休み、また母乳をあげては休んでの繰り返しで、ゆっくりと休む間がありませんでした。
 初めて、過ごした娘との夜は、出産した喜びよりも疲労や様々な初体験による戸惑い、不安の方が大きかったです。もしもできるなら現在の私から、過去の「戸惑わないで、大丈夫だよ。」私にエールを送りたいです。
 

みんなへメッセージやアドバイス

赤ちゃんを出産してから、育児はすぐに始まります。出産だけでなく、その後の赤ちゃんの世話のための体力をつけておくのと、一通りの赤ちゃんのお世話は勉強していくと良いと思います。
2

妊娠37w前後の体験談

上へもどる