カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 幼児食 >
  4. 卵アレルギー③卵の食べはじめとインフルエンザの予防接種
幼児食

[1歳4ヶ月]卵アレルギー③卵の食べはじめとインフルエンザの予防接種 [育児の体験談]

586人に読まれました
2015-11-21 11:18
卵アレルギーレベル4で本来なら一歳半までは卵を完全除去する予定でした。

しかし、今年は1歳になり、行動範囲が広がるのでインフルエンザの予防接種はした方が良いと思うと小児科受診の際に先生から提案されました。インフルエンザの予防接種は卵を利用しているのでアレルギーがあると接種を控える場合もあるそうです。
一歳過ぎてからなんとなく少量づつ卵入りのパンを食べていたので、少し早いけど予防接種の前に少量ずつ卵そのものを食べ始めることになりました。

最初は黄身の中心を耳かきひと匙分から、2日おきに与えてちょっとずつ量を増やしていき、つぎに加熱して料理に使う全卵、最後に1番反応が出やすい白身でいきましょうということになりました。

卵を初めて食べたこどもは苦い薬を飲んだのと同じくらい嫌そうな顔で反応しました。こちらが心配の余り不安な顔で食べさせていたからか、混ぜずにそのまま食べさせたので食感が嫌だったのか不機嫌でした。

様子をみていましたが蕁麻疹は出ず。その2日後には卵自体は試さずに卵入りのパウンドケーキを作って食べさせたのですが、これも蕁麻疹は出ず。

ということで多分大丈夫だろうとインフルエンザの予防接種を受けてみました。接種後30分は副作用が出やすいので病院で様子を見ながら過ごすように言われました。光の加減か少し顔が赤くなった気もしましたが、ブツブツとしたものや蕁麻疹は出なかったので家に帰りました。

これから卵の表示を気にせずに食事ができると思うと外食などでも随分楽になるような気がします。一気に進めると反動でまたアレルギーが出てしまうそうなのでゆっくりゆっくり進めていきたいと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

卵が食べれるようになったはいいけれど、卵自体があまり好きではなさそうです。
1

上へもどる