カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 出産、どんなふうにしたい? その3
産婦人科・産院

[17w]出産、どんなふうにしたい? その3 [妊娠・出産の体験談]

338人に読まれました
2015-11-21 12:15
*すべては人がしていることである*
私たちが病院を信頼してしてみたり疑ってみたりしているのと同じように、
医療を行っているのも、つまりは人です。
念力で人を治すことができればいいのですが、人に治療を施すには必ず人手が必要ですよね。
つまり、24時間治療室に完璧な先生がスタンバイしていて、それとはまた別のリラックスした空間で、助産師さんが24時間待機してくれている状況が理想なのでしょう。
 しかし現実はそうはいきません。人手に限りはあるし、人は休まなくてはならないので、どこかで穴がでるのは確実です。

*関係の崩壊と悪循環*
 それでは、どこかで穴がでるのは分かるにしても、なぜこれほどまでに医療訴訟が絶えず、産婦人科は苦しい思いをして、私たちもどこか不安が拭えない気持ちなのでしょうか。
 かつて医療に全幅の信頼を置いていた私たちは、いつからか仕事もバリバリこなすようになりました。お日様の動きと一緒に農作業をしていた戦前とはうってかわって、徹夜で残業をし椅子に座ったまま、食事もそこそこな生活を送るようになりました。
 女性ホルモンのバランスは崩れ、骨格は弱くなり、精神も衰弱していきます。そしてほとんどの人は、それに構う余裕などなく、仕事に邁進することがあたりまえになっていきました。
 その結果、出産の世界では何が起きたか。
 ほとんどの女性の体が、とても出産には持ちこたえられないようなものへと変わっていったのです。

ーその3へつづきますー

みんなへメッセージやアドバイス

どこで産んでも安心なら何も言う事はないのですが、残念ながら、全ての病院が良い病院とは言えないのが現状です。そんな状況ではありますが、ぜひともその背景にまで意識を伸ばすことができたなら、自分にとってもより良い情報を手に入れることができるようになると思います。
0

妊娠17w前後の体験談

上へもどる