カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 出産、どんなふうにしたい? その4
産婦人科・産院

[17w]出産、どんなふうにしたい? その4 [妊娠・出産の体験談]

564人に読まれました
2015-11-21 12:40
*日本の女性は変わってしまった*
 昔の女性は強かったといいます。ここで昔というと漠然としてしまいますが、具体的には、戦前の女性は強かったと思います。江戸から明治や大正時代の人たちが理想です。
 もっと言ってしまうと、戦後の西洋主義が入ってきて、だんだんと日本女性のバランスが崩れてきてしまったのです。
 ここで注意しないといけないのは、西洋主義と、実際の西洋は全くの別ものだということです。実際の西洋では、西洋の人ならではの歴史ある食生活や、キリスト教による厳格な倫理観が存在します。かつての日本もそうでした。自分たちに見合った食事、運動、精神を養っていたのです。ところが、うわべだけ西洋を取り入れてしまって、極めて未熟な文化の中にいる。それが私たちなのです。

*医療の限界*
 医療にも、できることの限界はあります。どんなに状況が整っていても、肝心の私たちの体がそれに持ちこたえられなくては、やはり何かの処置をとらなくてはなりません。
 そこで一般に行われているのが、帝王切開です。私たちの骨盤が持ちこたえられない以上、危険が及ぶ前に、処置を行うのです。

*その帝王切開は、本当に必要?*
 ところが、ちょっと待った!という現実もあります。その帝王切開は、本当に必要なのか?という問題です。信頼できる病院が既にあって、何も異存はないのなら、そんな心配はしなくていいと思います。むしろいいことだと思います。
 ただ、いま現状で帝王切開が何の為に行われているか、別の側面があるのも事実なのです・・・

ーその5へつづきますー

みんなへメッセージやアドバイス

今の女性の体はとても弱くなってしまったといいます。
それでも、自然な出産に持ちこたえられている人がいるのは事実で、
それには妊婦さんの努力はもちろんのこと、お任せした病院の方針にも大きく左右されます。
1

妊娠17w前後の体験談

上へもどる