カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 食材のストックは心の余裕につながります
ママの悩み

[3歳]食材のストックは心の余裕につながります [育児の体験談]

399人に読まれました
2015-11-21 14:55
子育て真っ最中のときに、ご飯を作るのが一番しんどかったように思います。
「温めればできあがるもの」「オーブンで焼けばできるもの」「ゆでるとできあがるもの」「解凍すればできあがるもの」を、冷凍庫に常備しています。

「温めればできあがるもの」・・・チャーハン、炊き込みごはん、鶏そぼろ、たまご焼き、煮魚、煮物、お好み焼き、ホットケーキなど
「オーブンで焼けばできるもの」・・・魚のホイル焼き、スペアリブ、ポテトフライなど
「ゆでるとできあがるもの」・・・うどん、お味噌汁の具など
「解凍すればできあがるもの」・・・お刺身、おひたし、野菜。

冷凍する野菜・・・もやし、ほうれんそう・小松菜・きゃべつ(ザク切り)、ニンジン・大根(いちょう切り)、ブロッコリー(茹でて冷凍)。

味付けをして冷凍するお肉・・・鶏ひき肉(つみれや肉団子、鍋の具に)、鶏肉(塩味・味噌味・塩麹)、豚肉(焼肉のたれに漬ける・塩麹をまぶす)

魚は、たいてい酒粕に漬けて冷凍か、お味噌とみりんを合わせたものを塗って冷凍。

炊き込みごはんは、一度に5合炊いておき、小分けにして冷凍。具も多めに作っておいて煮物として出すこともあります。

我が家の朝ごはんは、いつもまな板と包丁を使いません。サラダのレタスは手でちぎり、きゅうりはたいてい輪切りにして、塩を振って保存容器に入れてあります。朝からそぼろご飯を出すこともあります。こうしてストックをたくさん持っておくと、気持ちに余裕が生まれます。
0

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる