カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 私が離乳食教室で教わったこと。実際に始めてみてどうだった?⑴
離乳食

[0歳6ヶ月]私が離乳食教室で教わったこと。実際に始めてみてどうだった?⑴ [育児の体験談]

317人に読まれました
2015-11-21 19:02
これから数回に渡って、離乳食教室で教わったことと、実際に我が家ではどうだったかを合わせて書いていこうと思います!


①離乳食を始めるまでに、母乳やミルク以外の味に慣れされるため、お茶やお白湯を積極的に飲ませること。毎日お風呂上がりに10mlずつほど。

息子の場合、生後4ヶ月になる前からマグでお茶をあげるようにしました。
おかげで日中やお風呂上がりの水分補給が母乳でなくても済むようになって楽になりました♩

②初めは"離乳食用スプーン"1さじから。市販の本には"小さじ"と書いてあることがあるが、食べた量に比例してアレルギー症状が出るため、万が一アレルギーが出た時に症状が軽く済むように少量ずつ。また、与え過ぎると吐く原因にもなる。1ヶ月で"離乳食用スプーン"15さじ分食べられるようになるのが目安。

生後6ヶ月から離乳食スタートしたのですが、あまりに食いつきが良かったため、思わず大さじ1ほどの量を与えてしまいました。でも問題は無かったです。しかし、お米以外の食材に関しては小さじ1から始めていました。

③アレルギー症状が出た場合、直ぐに病院はかけつけられるよう、1回食の時はなるべく午前中に行う。

とはいっても、初めはあげるタイミングがなかなか定まらず毎日試行錯誤でした。
起きて直ぐ授乳で、お腹が空いたころにあげようとしたら朝寝の時間…。だからといって、授乳無しで食事にしようとしたら、お腹が空き過ぎて"食べるのが面倒だから、おっぱいをくれ"と泣きわめく始末。
何時にごはん!と決めない方が赤ちゃんにとっても、ママにとってもストレス無くて良いかもしれません^^
1

上へもどる