カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 産後のためのお勉強。本を用意する。
妊娠後期(8ヵ月以降)

[35w]産後のためのお勉強。本を用意する。 [妊娠・出産の体験談]

4257人に読まれました
2015-11-22 03:37


臨月に入ると、出産の準備と並行して産後のための勉強をし始めました。
マタニティブックでもお世話になりました、シアーズ博士シリーズのベビーブックを購入しました。

マタニティブックよりもかなり厚い本で持ち歩きは厳しいですが、その分中身も充実しており、まだ最初の方までしか読んでいませんが、マタニティの頃から読んでおいてもいいかもしれません。

スリングなどを使った抱っこを推奨する育児方法はとてもためになりました。



  • アマゾンで評価が高かったこちらも




    「0〜4歳わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児」


    まだこちらの本も最初の方までしか読んでいませんが、長年なんとなく疑問に思っていたことを解決してくれました。

    それは、赤ちゃんとはどういう風に接したらいいのか、という疑問でした。
    赤ちゃんはまだ言葉もわからない。意思疎通が出来ないので、どういうふうに話しかけるのが正解なのか、いまいち分かっていませんでした。

    この本には、この頃はこういう風に話しかけてあげましょう、など成長ごとに分かれて書かれています。
    (もちろんその子の成長のスピードに合わせた接し方でいいようです)

    まだ生まれていませんが、こちらの語りかけを参考にして育児をしていこうかと思います。
  • おうちでできるシュタイナーの子育て:「その子らしさ」を育てる0~7歳の暮らしとあそび



    図書館で借りました。
    シュタイナー教育に少し興味があるので、参考にさせてもらいました。

    出来る範囲、出来ない範囲があると思いますが、こういう暮らしは素敵だと思いました。

    でも、テレビを見ないというのは周りのお友達と話が合わなくなっちゃわないかな、とも思います。

  • 産後が始まった! 夫による、産後のリアル妻レポート



    こちらも図書館で借りたエッセイマンガです。産後の生活の様子が男性目線で書かれており、参考になりそうだったので旦那にも読んでもらいました。

    まだ育児も始まっていないので分からない部分もあるのですが、産後のママは大変なんだよ、ということをすごく分かってもらえたように思います。
    これはパパに一度は読んでもらうべき本だとも思いました。


2

妊娠35w前後の体験談

上へもどる