カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 出産、どんなふうにしたい? その9
産婦人科・産院

[17w]出産、どんなふうにしたい? その9 [妊娠・出産の体験談]

638人に読まれました
2015-11-22 10:35
*自力出産をした人のお話*
 ここで、自力出産をされた方のお話をご紹介したいと思います。
 この方々は、周囲に病院が少ないこともあり、ご夫婦で出産について非常に勉強されて、おふたりだけで出産をされました。
 (ひと昔前までは自宅で出産が当たり前であったのに、こうしたお話を聞くだけで驚いてしまう私たち。時代がいかに変わってしまったかを感じます。)
 印象的だったのは、お二人とも非常に勉強されていたことです。
 陣痛の感覚を冷静に把握し、旦那さんがビニールシートやタオル、湯船など身辺の支度をされていました。赤ちゃんが産まれたあとも、包まれた羊膜を冷静にやぶり(この赤ちゃんは羊膜に包まれたままだったのです!)、鼻に入った羊水をお母さんが吸い出していました。へその緒も、きちんと時間を置いて、役割を終えてから切っていました。

*出産について学ぼう*
 ぜひ出産について、良い知識を得て欲しいです。お医者さんに任せっきりで自分は何も知らないというのは、ちょっともったいない気もします。
 ただ注意していただきたいのは、「帝王切開はいい方法だ」とか「へその緒は早く切ってしまったほうがいい」と言い切ってしまっている人の話です。
 自然な出産に越したことはありません。それでもさまざまな事情で帝王切開をするのです。へその緒は、その役割を終えてから切るに越したことはありません。それでも時間の制約があって切ってしまっているのが現状です。
 「帝王切開こそいいのだ!」「へその緒に栄養はない!」などと無責任なことを言い張っている人の事を信用してはいけません。ご自身の行いの正当化にはなっても、決して最適な情報ではないのです。そうしたお話よりも知っておいたほうがいいことは、他にたくさんあります。
 他の人がどうこう言うよりも、ぜひ自分の感覚を大切にしてください。
 そうすれば、きっと良い出会いがあって、幸せなお産に繋がると思います。
 

みんなへメッセージやアドバイス

 出産は、自分の体に起こる生理現象です。産むタイミングも楽な姿勢も、本当は自分が一番よく分かっています。こうした自分の感覚に忠実な人は、自然と赤ちゃんを感じる能力にも長けています。軽くみられてしまいがちな”感覚”ですが、どうか自身を持って、ぜひ磨いていきましょう!
1

妊娠17w前後の体験談

上へもどる