カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. はさみデビューはいつ?
遊び・あやし

[2歳]はさみデビューはいつ? [育児の体験談]

313人に読まれました
2015-12-17 01:13
はさみをいつから使わせるのか、考えたことがありますか?
手先を鍛えるのに良さそうな工作。でも刃物を持たせるのって抵抗ありますよね。
私は、そもそも子どもにはさみを使わせるなんて考えることもなく、過ごしていました。

ちなみに現在4歳になった娘は、毎日飽きることなく、はさみとのりとテープとペンで、工作をやっています。
今回は娘のはさみデビューについて書きます。

  • 2歳半過ぎて、はさみを持たせることに

    我が家ではこどもチャレンジをやっていました。

    こどもチャレンジぽけっと(2歳〜3歳)になると、本格的な工作が始まります。
    紙を折ったり、のりで貼ったり、はさみで切るなど。

    危ないので、これまではさみを使わせることはありませんでした。
    でもそろそろそういう時期なんだなぁと感じたので、とりあえず100円ショップに行き、こども用のはさみを買ってきました。

    最初はつきっきりで指導。
    でも、持ち方もおかしいし、はさみと紙の角度が合わず、なかなか切れない状態が続きました。
    私が「こうするんだよ」と言っても、「もう!自分でやりたい!」と娘が怒って聞き入れてくれず、だんだんイライラしてきました。

    でも娘ははさみは気に入ったようで、暇さえあればチョキチョキするように。
    私も横に座ることはせず、近くから見守って、明らかに危ない持ち方や切り方の時だけ口を出すようにしました。

    3ヶ月くらいでだいぶ上達したので、それまで私が管理していたはさみを、娘に任せることに。
    娘がいつでも出せるように「お道具バッグ」を準備し、はさみやのり、テープ、チラシなどの紙を入れておくようにしました。

    その後下の子の妊娠したのですが、つわりでソファーに横になっている時など、はさみとのりで静かに遊んでくれるので、本当に助かりました。
  • 好きこそ物の上手なれ

    私は学生時代、図工が苦手でした。
    主人は図工大好きだったようで、プラモデルとか作るのが好きです。まぁ、子どもが生まれてからはやっていませんが。

    娘は主人の似たのでしょう。本当に朝から工作しています。
    でも、2歳〜3歳の頃は、特に何かが出来上がるということではなく、ただ切るだけ、切った紙を貼るだけ、という感じでした。
    私は工作に関してはノータッチで、娘が「見て」と持ってきたら「わぁ、上手にできたね」というくらいだったのですが。

    3歳半になり幼稚園に行くようになると、工作の内容に変化が出てきました。
    紙にシールを貼って、その周りを切ってカードにする(アイカツカードの影響?)
    紙を丸めてお花を作り、室内ジャングルジムにテープで貼る(飾り付けらしい)
    紙を折って、テープで留めて、バッグを作るなど、工作らしくなってきました。

    また、書くことに興味が出てきたので、よくお手紙を書いてくれるようになりました。
    文字は書けませんが、文字らしき記号を書いています。
    そのお手紙なんですが、ビックリしたことに、四つ折りにしてあって、綺麗に端っこが揃って折られているのです。
    最初は主人が手伝ったのかと思ったのですが、違いました。

    毎日紙を触っているから、器用になっているのでしょうね。
    正に、好きこそ物の上手なれだと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

今朝は、ネックレスを作りたいと、紐に丸めた紙をテープで貼り付けていました。
でも上手く付けられず「もう!なんで出来ないの!」とイライラしていました。牛乳パックを切ろうとして、イライラすることもしょっちゅうです。
それでも毎日続けているので、やはり楽しいのでしょうね。

弟が1歳10ヶ月なのですが、お姉ちゃんの工作に興味が出ているので、そろそろはさみを使わせようかと思っています。
まだ小さいので、しばらくはつきっきりになりますが、勝手にはさみを使われるくらいなら教えたほうが良さそうかな、という判断です。

これだけ好きなので、娘のクリスマスプレゼントには工作セットを検討中です。
はさみは100円ショップのでも問題なさそうですが、テープはすぐに壊れてしまうので、口コミで良さそうな物を買いたいと思います。
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる