カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. ヘモグロビン値8。このまま出産するとショック死する可能性があると言われ、おびえる②当帰芍薬散
トラブル

[36w]ヘモグロビン値8。このまま出産するとショック死する可能性があると言われ、おびえる②当帰芍薬散 [妊娠・出産の体験談]

2041人に読まれました
2015-11-24 15:43
苦い!



  • なんでこれだけ粉薬・・・

    血液関係の薬として処方された薬の二つ目。
    それがこの「ツムラ 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」でした。

    調べたら、昔からある有名な漢方で、女性の月経不順や体調不良に使われている頼もしい薬のようです。

    ツムラって、葛根湯を市販で出してますよね。病院でも出るんだ~!と驚きでした。

    しかしウテメリン、メチコバールは錠剤だったのに、これだけ粉薬でした。

    ちなみに中身は↑こんな感じで、砂(笑)みたいでした。
    苦そ~!

    もらった時は、正直うげ~!と思いました。

    なぜなら、粉薬は味が分かる(苦い)から!

    これも1日3回服用。

    とほほ・・・。

    実際飲みましたが、期待を裏切らないまずさ。

    あ~あ、錠剤にしてくれよ~!
  • 鉄分注射。週3回50ccを打ち込む

    貧血を治すのに薬だけじゃ間に合わない、ということで週3回通院することになりました。

    点滴と違うのは、すごく早く終わること!
    時間は1分くらいです。
    採血する要領で、50cc入ったなんだかすごく濃い液体を注射針で注入していきます。

    痛みも普通の採血と変わりません。
    余裕でした!

    ただ、自宅安静の指示が出ているので、
    毎回両親のどちらかに病院まで送り迎えしてもらわないといけませんでした。
    それが申し訳なかったです。

  • 貧血の自覚はなかった。先生が診断してくれなかったら、死んでいたかも?

    重度の貧血、と言われ薬の服用と通院をしていましたが、

    正直、貧血の診断を受ける前と、処置を受けた後。

    何か変わったか?と言われると

    私の中では何も変わりませんでした。どういうことかというと、自覚症状は全くなし!でした。

    特にフラフラしたり、眩暈が起こったりもなかったですから、当然薬や注射をしても、

    「お!なんだか調子が良いぞ~!」

    ということはありませんでした。

    だから、ほっといたらひどい貧血のまま出産に臨んでいた、ということですね(笑)

    最近「野良妊婦」という言葉を知りました。検診をほとんど受けなかったり、
    産まれそうになってから初めて病院に飛び込んだりする方がいるようです。

    でも私みたいに、全く自覚がなくても何か問題が起こっていることもあるので、

    「健康だから大丈夫!」「お金がないからいいや~!」

    と思わずに、絶対検診は受けた方が良いです!

    先生、ありがとう!

2

妊娠36w前後の体験談

上へもどる