カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 私の卒乳体験
授乳

[1歳3ヶ月]私の卒乳体験 [育児の体験談]

410人に読まれました
2015-11-24 15:21
長男が1歳の誕生日を迎えた頃、2人目を生むことを考え始めました。
特に理由は無いのですが、年が近いほうがいい遊び相手になるかなと思い、次の子どもは2歳差ぐらいで生もうと考えました。

そうすると長男が1歳のうちに妊娠したいなと思ったのですが、母乳をあげている間は生理が来なく、排卵もしていないようでした。

そこで卒乳(断乳)を計画しました。
長男が1歳1ヶ月の頃から授乳の時には「おっぱい、そろそろバイバイしようね~」と話しかけ、昼間は徐々に授乳回数を減らしていきました。

夜間は母乳をあげて寝かしつけたほうが楽なので、母乳をやめてしまうのはなかなか難関だなと感じていたので気が重かったです。

しかし1歳2ヶ月になったある日、授乳中に「おっぱい、今日からバイバイしてもいい?」と長男に話しかけたところ、口を離してニコニコと笑っていたので、「よし!今日から卒乳だ!」と決意しました。

そこからは夜間に泣いても抱っこや添い寝でごまかし、乗り切りました。
最初の日は夜中に何度もおっぱいを求めて泣く我が子に心が折れかけたのですが、卒乳開始3日目から夜間に泣かなくなり、4日目には朝まで一度も起きなくなりました。

長男が生まれてから朝まで眠れたことが無かった私も、この日久しぶりに朝まで熟睡できました。
そしてその後は長男がおっぱいを求めてくることは無かったです。

卒乳は無事成功し、まもなく次男を授かることができました。

そして卒乳後の乳房のケアに悩むのですが、それはまた別の機会にお話しいたします。
1

上へもどる