カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 「こども園」に通ってみて思うこと
保育園・施設

[4歳]「こども園」に通ってみて思うこと [育児の体験談]

825人に読まれました
2015-11-24 23:20
上の子が通う幼稚園は、上の子が入園した年に「こども園」になりました。
これからどんどん増える「こども園」の良し悪しを書いていこうと思います。保育園、幼稚園選びの参考にされてみてください。

  • 園の対応

    まず、こども園になったばかりのところは園の対応にあまり期待しないほうがよろしいかと…(;^ω^)最初にも書きましたとおり、上の子のこども園は本当になったばかりで、入園前の対応などは「職員もどうなるかよくわからない」という感じでした。保育園側と幼稚園側の連携がうまくいっていなかったり園の工事が予定より長引いたりで、職員にも混乱があったようです。園がそんな感じなので、通園中の保護者間で噂程度に話を聞くのがやっとでした。
    もちろん、これに限ってはうちの園の話で、これからこども園になる園でもしっかり対応してくれるところもあると思います。
  • 友達が増える

    やっぱり、子供にとっての一番のメリットはこれですよね。今まで保育園と幼稚園とで別れていると、小学校に入るまで接点はないと思います。しかし、こども園になり同じクラスで過ごすことによって接点ができますので、そのまま同じ小学校に進む場合は知っている子が多くなりますので、子供も安心できると思います。
  • お弁当から給食に

    今まで幼稚園はお弁当でしたが、こども園になることにより給食に変わりました。恐らく、給食とお弁当で差ができないようにの配慮だと思います。
    お弁当だと子供が食べてくれるものを入れがちですが、給食だと問答無用で嫌いなものも出されて、しかもそれをみんなが食べるので、家では食べない嫌いものもがんばって食べてきてくれるようになりました。しっかり栄養のあるものを食べてきてくれるので安心です。
  • 親の強制参加が少なくなる(笑)

    幼稚園に通っていた保護者さんから聞いたのですが、やはりこども園になったことにより、保護者が参加しなければいけない行事(園の運営含め)が減ったそうです。お仕事をされている保育園組の保護者さんとの兼ね合いのためだと思いますが、積極的に幼稚園の行事に参加したい方にはマイナスポイントになるかもしれません。逆にあまり参加したくない方にはかなりのプラスポイントではないでしょうか。(笑)
  • 自由授業参観のときにかわいそうな光景が…

    うちの園は授業参観が2種類あり、強制というか普通の授業参観と保護者が参加するか決められる自由授業参観があります。
    後者の自由授業参観の話ですが、幼稚園側の保護者の方は大体の方が参加されていたのですが、平日の午前中ということもあり、保育園側の保護者さんはあまり参加されていませんでした。保護者の面々が教室の後ろで待機している中、保育園組の男の子が「どうして僕のお母さんはいないの」と泣いていた姿が忘れられません。幼児にはやはり少々酷な気がしました。
  • 園庭解放の日が減少

    子供が楽しみにしている園庭解放の日。園庭解放とは幼稚園が終わったら約30分間、保護者監視のもと、園庭で遊んで帰ってもよいという日です。今までの幼稚園は毎日園庭解放があったそうなんですが、保護者がいるという条件のため、お母さんと遊んでいる姿を保育園組の子供に見せるのはどうかということで週2日になったそうです。園の友達と遊ぶ機会が減ったということは残念です。

みんなへメッセージやアドバイス

うちの子が通っているこども園で私が感じることを書いてみました。特に大きな問題はなく通えていますし、私はこども園になってよかったと思っています。
1

妊娠4歳前後の体験談

上へもどる