カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. いざという時、病院で聞かれる!普段の子供のアレとアレ!
事故予防・安全

[1歳11ヶ月]いざという時、病院で聞かれる!普段の子供のアレとアレ! [育児の体験談]

395人に読まれました
2015-12-18 01:40
子供が生まれて、一番心配なのは、病気になったらどうしよう?!ということですよね。
最近は、制度もあって病院に相談に行ける機会も増えたかと思います。
ただ、新しい生命を迎えて、生まれたばかりの体は自分たちとの違いが多くあるので慣れないことも多いと思いますし、
病院に行った時に、聞かれる押さえておくべき点を紹介したいと思います。
  • 平熱

    まずは普段の平熱です。
    保育関係に関わってる方はよくご存知かと思いますが、子供の体温は大人の体温よりやや高めです。
    平均大体37度ほどと言われています。
    37.5度は以外と本人たちには平気だったりします。しかし、服の着せすぎで38度の熱が出てぐったりしてしまうことだってあります。そこにさらに発熱だからと着せてしまうと・・・´д` ;

    子供の平熱は2歳になるまでに変化していくこともありますから、普段からまめに遊びの一部のように、計ってあげて、把握できてたら良いかと思います。ちなみにうちの子は生まれた当初は37度前後の体温でしたが、2歳の現在は36.5度になってます。
  • 体重

    体重は、薬の量を調節する上でとても重要なポイントです。
    正確な体重が分からないと、病院の一室で、病気で大泣きの子供を抱っこしながら体重測定なんてこともあります。うちはそんなことがありました(>_<)
    子供も大変だし、親も大変です。
    普段から、お風呂上がりとかにでも、体重計に乗るような習慣ができていれば良いかと思います。
1

1歳11ヶ月前後の体験談

事故予防・安全の関連カテゴリ

上へもどる