カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 1歳~1歳5ヶ月 >
  4. 歯医者さんへ通うきっかけ、それは・・・前歯が欠けちゃった!!!
1歳~1歳5ヶ月

[1歳4ヶ月]歯医者さんへ通うきっかけ、それは・・・前歯が欠けちゃった!!! [育児の体験談]

181人に読まれました
2015-11-25 10:32
4歳の娘は定期的に歯医者に通っています。
フッ素塗布が大きな理由ですが、そもそも歯医者に通うきっかけになった出来事があります。

1歳4ヶ月くらいだったと思いますが、娘とお風呂に入っていた時のこと。
娘を浴槽に入れて、私は自分の体を洗っていました。
娘は浴槽の縁にしがみついて、お風呂から出ようとする仕草をしていました。

「危ないよ〜。降りなさい。」と言ってはいたものの、そこまでの危険性を感じていなかった私。
次の瞬間、ツルッと滑って顎を打った様子の娘は「わーん」と少しだけ泣きました。

そこまで泣かなかったので、あまり私も気にせず、そのままお風呂を続けて普段通り過ごしました。
  • えっ?前歯が欠けている?

    お風呂から上がって、ふと「さっき、顎を打ったけど、口の中が切れていないかな?」と思った私。
    早速、娘の口の中を確認すると・・・右の前歯が少しだけ欠けているではありませんか!

    他には口が切れている等はなかったので良かったのですが、欠けた歯の行方が気になり急いでお風呂場へ行きました。
    既にお湯は抜いてしまったので、浴槽に中をよく見ましたが、歯は見つかりませんでした。
    浴槽の縁を見ると、うっすら凹みがあったので、顎じゃなくて前歯を打ったんだろうなと。

    その日はもう夕方6時を過ぎていたので、翌日に歯医者さんを探すことにしました。

    朝になって、まずは自宅から最も近い歯医者さんに電話してみました。
    「1歳の娘を見ていただきたいのですが」と切り出すと、詳しいことは聞かれず、予約が立て込んでいるので4日後に来てくださいとのこと。
    なんだか冷たい感じを受けたので、予約はせずに電話を切りました。
    そこで少し遠いけど、普段利用しているスーパーの近くの歯医者さんに電話してみました。
    「どうしましたか?」と聞かれたので、前歯が欠けたことを説明すると、
    「それは心配でしょうからなるべく早めにしましょう。明日の午前中なら大丈夫です。」と言われたので、安心できました。

    翌日受診し、そんなに大きく欠けていないので、尖っている部分を少し削るだけで良いとの診断でした。
    まずは歯医者に慣れてもらうために定期的に通ってもらい、慣れた頃に削るということ。
    それからは、2〜3ヶ月毎に歯医者へ通っています。歯磨きとフッ素塗布をしてもらっています。
    娘は全く歯医者さんを嫌がらないタイプだったので、3回目には削ることができました。

    下の子の出産で1年近く行かなかったこともありましたが、また復活して通っています。
    4歳になってからは、奥歯のシーラントもしています。

    そのお陰で、娘はまだ虫歯にはなっていません。
    息子も1歳7ヶ月で歯医者デビューしました。こちらも嫌がらないタイプなので、助かっています。

みんなへメッセージやアドバイス

娘は、そもそも歯磨きをあまり嫌がらない子でした。それで虫歯になりにくいのだろうと思っていたのですが、息子は歯磨きしていても下の歯にすぐに歯石が溜まってしまいます。
歯医者さんに聞くと、「歯の質や唾液の質で、個人差がかなり出ます。定期的に歯医者に来ていれば、早めに対処できるので大丈夫ですよ。」とのこと。
実際に、歯磨きを頑張っていたのに虫歯になったというママさんの声も聞きました。よだれの少ない子は、虫歯になるリスクが高いようです。
子どもと歯医者さんとの相性もあるでしょうけど、お子さんが2歳くらいからは歯医者へ行くことをお勧めします。
最初は小児歯科も増えているので、子どもの扱いに慣れているところで相性が合うところを探せたら良いですね!
1

上へもどる