カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おでかけ >
  4. 双子は大変!?
おでかけ

[1歳0ヶ月]双子は大変!? [育児の体験談]

176人に読まれました
2015-07-03 15:22
街を歩いていると双子はよく声をかけられます。たぶん、1人の赤ちゃんを連れている方以上でしょう。よく聞かれる話、エピソードをご紹介します。
  • 双子は大変ね~

     「双子ちゃん!?お母さんは大変ね~」このように声をかけられることはしょっちゅうです。もちろん大変です。毎日ドタバタです。
     でも、私は双子の子育てしかしたことありません。比べる対象がないので「双子だから大変」かどうかはよく分かりません。1人の子どもさんだって大変だろうし、兄弟の多いご家庭の家族、年子さん、みんなそれぞれに大変でしょうしね。
  • 実は双子って結構身近にいます

     声をかけてこられる方には
    「私も双子を育てたのよ~、30年前にね!」といったお母さんや、
    「実は僕も双子なんです」といった男性の方もいらっしゃいました。
     そういった方は双子を見たというだけで親近感を持ってくださるのでしょうか。それにしても意外といるものです。
     子供が小さいうちはベビーカーで歩いたり、お揃いの洋服を着せていたりするし、2人一緒にいるのですぐに双子と分かりますが、ちょっと大きくなるとわからないですもんね。しかも男女の双子、早い段階でお友達も別々、遊び方も別々になっていく可能性も高いですし、一緒にいなくなると傍目には双子と分からなくなるかもしれません。
     それでも2人、いつまでも仲良くしていてほしいものですね。声をかけてくださる方に聞くと、大人になっても2人で飲みに行くとか、中高生のころはあんまり一緒にいたくなかったけど今は結構仲いいんですよっていう方が多いです。大人になっても今みたいに同じものをみて大笑いしているような、楽しい双子でいてほしいです。

     
  • どちらが上の子?

     「どちらがお兄ちゃんかしら?お姉ちゃんかしら?」
    これもよく聞かれます。本当に。なぜですかね!?気になります?とツッコみたくもなりますが、本当によく聞かれます。
     先に生まれても数分違いですし、どっちがお兄ちゃんらしい、お姉ちゃんらしいってことはないんですけどね。

みんなへメッセージやアドバイス

 そんなこんなで双子というだけでよく街で声をかけられます。そのせいでしょうか、子どもたちはあまり人見知りがひどくなかったように思います。愛想のいい子になるきっかけであれば喜ばしい限りです。
 あまり引き止められると急いでいるときは困るときもありますが、声をかけていただくというのは何かしら私の子育てを応援してもらっていると思って、1人じゃないんだって気合を入れるきっかけにすることにしています。

1

上へもどる