カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 地区の両親学級に参加する
妊娠中の生活

[26w]地区の両親学級に参加する [妊娠・出産の体験談]

1165人に読まれました
2016-06-17 11:45
安定期になり、地区で開催されている母親学級に参加してきました。
全部で3日間あり、連日開催されているのではなく、毎週何曜と決まっていて、平日開催でした。
なので、旦那は参加できず。
結構悔しがっていました。

役場でやったのですが、同じ地区で同じ週数くらいの妊婦さんたちと受けました。
部屋の真ん中には、胎児のお人形が。
今これくらいか〜と繁々眺めてしまいました。

1日目は歯科健診と、母親たちで座談会。
歯科健診といっても、ママさんは免疫も弱くなり、体調が悪い人も多いから虫歯が増える人が多いそうなので、歯の磨きかたの講習でした。


歯科健診なんていらないんじゃ?!
と思うほど(すいません)
座談会が楽しく、また色んな妊婦さんがいるんだなぁ、と勉強になりました。

  • 本当に少子化なの?と思うほどママさんがたくさん



    2日目は赤ちゃんが生まれたあとのお部屋の作り方や、マタニティのころのお食事のこと。
    座談会は今回はなく、パワーポイントで説明を受けて終わりました。
    勉強になりましたが、前日からよく眠れなかった私はうつらうつら、してしまいました。

    3日目はほぼ座談会でした。
    この日はいつもより多くパパさんも参加されていて、パパさんグループと別れて座談会をしました。
    今まではマタニティ期に役立つ内容が多かったのですが、今回は産後に起きそうなトラブルをエピソードを読みながらみんなで解決法を話し合いました。
    その解決法を最後にグループごとに発表しました。
    パパさんたちと私たちの解決法の視点が違ったのがやはり、というか面白かったです。

みんなへメッセージやアドバイス


最初はひとりで母親学級に行くのはドキドキしたのですが、色んな人の話を聞いたりしてかなり心強く思いました。
これから出産するために行ってよかった。
みなさんもぜひ行ってみてくださいね。

1

妊娠26w前後の体験談

上へもどる