カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 授乳の惨劇〜 想像のななめ上を行く事件簿
授乳

[0歳3ヶ月]授乳の惨劇〜 想像のななめ上を行く事件簿 [育児の体験談]

585人に読まれました
2015-11-25 18:08
出産を終え、聖母マリアのような微笑みで授乳する‥そんなシーンが当たり前だと思っていたのですが‥そんなのは幻想に過ぎないと思い知った初めての子育て。

入院中、「吸わせていれば出てくるから!」という母乳指導(その通りなんだろうけど大雑把)のもと、吸われてるのは分かれど、母乳が出ている感覚もなく「?」な感じで授乳タイム開始。
マリアとは程遠いマヌケなシーンでしかなかった。

退院して、おっぱいが張る感覚が分かるようになるくらいになると、今度は張りすぎて不快な痛さを伴うようになり、ついに白班が出来て、おっぱい全体が真っ赤に腫れた。
痛くて授乳が辛くて仕方ない。
駆け込んだ病院でおっぱいマッサージを受けた時は激痛で泣いた。
ここでもマリアなどは存在せず、頭の中では
ムンクの叫びだった。

白班を何度か繰り返し、5ヶ月になると、今度は子供に歯が生えてきた。
歯が生え始めでむず痒いのか乳首に噛みつき、
乳首が切れるようになった。
こうなるとマリアの微笑みどころか、鬼の形相にしかならない。でも引きつる笑顔で耐えるしか方法がなかった。

なかなかスムーズにいかなかった授乳ですが、断乳して1ヶ月が経ち、今ではすっかり母乳も出なくなりました。

出産まではイメージ出来ていましたが、その後すぐ始まる授乳にまつわるトラブルはハッキリ言って全く想像していませんでしたし、こんなに辛いだなんて思いもしませんでした。

みんなへメッセージやアドバイス

※トラブルがない時の授乳タイムはマリアだったかもしれません。
1

上へもどる